革靴が雨に濡れた時のお手入れ方法

革靴のお手入れ方法

雨に濡れた靴のお手入れ

雨に濡れた靴のお手入れ

雨に濡れてしまった革靴は、型崩れやカビ、靴を傷める原因となります。
基本的に本革の靴は水濡れ厳禁ですが、もし雨に濡れてしまった場合は、
適切なお手入れで革靴を長持ちさせることができます。

  • 1. 日陰で乾かす

    靴の型崩れを防ぐため、シューズキーパーを入れて靴の形を整え、風通しの良い日陰で乾燥させます。

    *直射日光は、革の変色や劣化の原因となるので避けて下さい。

  • 2. 汚れを落とす

    靴が完全に乾いたら、クリーナー等で汚れを落とします。
    汚れやほこりが残っていると、カビの原因となります。

    *クリーナーは、直接靴に塗るとシミの原因となる場合があります。
    必ず、布にクリーナーを付けてご使用下さい。

  • 3. 靴クリームを塗る

    革に栄養を与えるため、靴クリームを塗り込みます。
    ビン、チューブ、液体タイプ等、目的に応じた種類の靴クリームをご使用下さい。

  • 4. 防水スプレーで仕上げる

    仕上げに防水スプレーをかけます。水分だけでなく油分からも靴を守り、汚れを付きにくくする効果もあるので、次回のお手入れが楽になります。

ページトップへ