ツヤ革・スムースレザー素材の革靴のお手入れ方法

革靴のお手入れ方法

ツヤ革靴のお手入れ方法
(ガラスレザー・スムースレザー)

  • 1. 靴全体をブラッシング

    靴ブラシで靴全体をブラッシングし、靴についたホコリを落とします。

    *靴ブラシにクリームなどが付いていると色移りの原因となります。
    必ず、靴の色、革の種類等によりブラシを使い分けて下さい。

  • 2. 細部をブラッシング

    底のきわや革の合わせ目などの細かい部分を念入りにブラッシングします。
    この部分にホコリや汚れが残っていると、仕上がりに大きく差が出てしまいます。

  • 3. クリーナーで汚れ落とし

    クリーナーを使用し、汚れや以前に塗ったクリームを落とします。
    クリーナー使用の目安は、お手入れ3回に対して1回程度です。

    *素材によっては、クリームやクリーナーでシミや色落ちの原因になる場合があります。必ず、革、素材に合ったクリーナーを使用し、目立たない場所で、試してからご使用ください。


    皮革用クリーナーを使用する際は、クリーナーを布に取り靴の汚れを落とします。 小さな面積ごとに円を描くように落とすのがコツです。

    *クリーナーを直接靴に塗るとシミやムラの原因になります。
    必ず布に取ってからご使用ください。

    *布は指3本に巻き付けると、力が分散し余計な力がかからず広い範囲を拭くことが出来ます。

  • 4. クリーナーを塗り伸ばす

    部分的な汚れ落としの後、靴全体にクリーナーを塗り伸ばします。
    クリーナーが一箇所に偏らないようにすばやく動かすことがポイントです。

  • 5. 靴クリームを塗布

    乳化性の靴クリームを塗ります。
    指に巻き付けた布で、少量のクリームを数回に分けて塗り込みます。

  • 6. ブラシでクリームを馴染ませる

    靴クリームを靴全体に馴染ませるためにブラッシングします。
    塗りムラがないようにすばやく均一にブラシをかけます。

  • 7. 仕上げ磨き

    仕上げ磨き用の布で磨くと、ツヤやキメがアップします。
    布で磨く場合は、指に布を厚めに巻き、指の背を使って軽めに磨くのがポイントです。

  • 8. 防水スプレーで仕上げる

    仕上げに防水スプレーをかけます。水分だけでなく油分からも靴を守り、汚れを付きにくくする効果もあるので、次回のお手入れが楽になります。

    *スプレーは屋外でご使用下さい。

革靴の保管方法

革靴のお手入れ方法

靴の保管方法

  • 素材に合ったお手入れを

    靴を保管する場合は、素材に合ったお手入れを行ってから保管して下さい。ホコリや汚れが残ったまま保管してしまうと、カビや皮革の劣化の原因となります。

  • 形を整える

    お手入れ後、シューツリーを入れて、形を整えて下さい。

    *シューツリーを入れる前に、革靴用の除菌スプレー等すると、カビの繁殖を抑えることができます。

  • 風通しのよい場所で保管する

    革靴に湿気は大敵です。通気性の良い場所で保管し、時々、陰干しをして下さい。
    湿気を防ぐため、乾燥剤や除湿剤の利用も効果的です。

    *購入時の紙製の靴箱にいれて保管する場合は、靴箱にいくつかの穴を開け、できるだけ通気性を保って下さい。

    【注意】

    ウレタン製の靴底を使用した商品は、長期保管により加水分解が進みます。
    長期保管はせず、頻繁に履いていただくことをお勧めします。


    ウレタン底について

カビが生えてしまった時のお手入れ方法

革靴のお手入れ方法

カビが生えてしまった時のお手入れ方法

カビが生えてしまった時のお手入れ

適切なお手入れを怠ると、革靴にカビが生えてしまうことがあります。
カビに気付いた際には、すぐに対処しましょう。

  • 1. カビ取り剤を布に付ける

    皮革用のカビ取り剤を布にスプレーしよく湿らせます。

    *カビを吸い込まないようにマスク等を着用して作業して下さい。

  • 2. カビを拭き取る

    皮革表面のカビを布の面を替えながら拭き取ります。

    *カビ取りに使用した布は、ビニール袋に入れて破棄して下さい。

  • 3. カビ取り剤を吹き付ける

    皮革表面に、カビ取り剤を吹き付けて下さい。

  • 4. 素材に合ったお手入れを

    カビ取り剤が乾いたら、皮革素材に合ったお手入れを行って下さい。

    *カビが深く入り込んでいる場合、完全にカビを除去できないことがあります。
    こまめなお手入れでカビを防ぎ、除湿や換気に気をつけて下さい。

革靴が雨に濡れた時のお手入れ方法

革靴のお手入れ方法

雨に濡れた靴のお手入れ

雨に濡れた靴のお手入れ

雨に濡れてしまった革靴は、型崩れやカビ、靴を傷める原因となります。
基本的に本革の靴は水濡れ厳禁ですが、もし雨に濡れてしまった場合は、
適切なお手入れで革靴を長持ちさせることができます。

  • 1. 日陰で乾かす

    靴の型崩れを防ぐため、シューズキーパーを入れて靴の形を整え、風通しの良い日陰で乾燥させます。

    *直射日光は、革の変色や劣化の原因となるので避けて下さい。

  • 2. 汚れを落とす

    靴が完全に乾いたら、クリーナー等で汚れを落とします。
    汚れやほこりが残っていると、カビの原因となります。

    *クリーナーは、直接靴に塗るとシミの原因となる場合があります。
    必ず、布にクリーナーを付けてご使用下さい。

  • 3. 靴クリームを塗る

    革に栄養を与えるため、靴クリームを塗り込みます。
    ビン、チューブ、液体タイプ等、目的に応じた種類の靴クリームをご使用下さい。

  • 4. 防水スプレーで仕上げる

    仕上げに防水スプレーをかけます。水分だけでなく油分からも靴を守り、汚れを付きにくくする効果もあるので、次回のお手入れが楽になります。

エナメル革素材の革靴のお手入れ方法

革靴のお手入れ方法

エナメル革のお手入れ方法

  • 1. 汚れを落とす

    エナメル靴の汚れ落としには、エナメル革専用のクリーナーをご使用下さい。クリーナーを柔らかい布に取り、薄く塗り伸ばして下さい。
    その後、クリーナーが乾く前に乾いた柔らかい布で余分なクリーナーを拭き取って下さい。

  • 2. ツヤ出し

    エナメル革専用のツヤ出し剤を使用し、表面にツヤを与えます。
    ツヤが上がると、細かなキズも目立たなくなります。

白革素材の革靴のお手入れ方法

革靴のお手入れ方法

白革靴のお手入れ方法

  • 1. 靴全体をブラッシング

    靴ブラシで靴全体をブラッシングし、靴についたホコリを落とします。

    *靴ブラシにクリームなどが付いていると色移りの原因となります。
    必ず、靴の色、革の種類等によりブラシを使い分けて下さい。

  • 2. クリーナーで汚れ落とし

    クリーナーを使用し、汚れや以前に塗ったクリームを落とします。
    クリーナー使用の目安は、お手入れ3回に対して1回程度です。

    *素材によっては、クリームやクリーナーでシミや色落ちの原因になる場合があります。必ず、革、素材に合ったクリーナーを使用し、目立たない場所で、試してからご使用ください。


    皮革用クリーナーを使用する際は、クリーナーを布に取り靴の汚れを落とします。 小さな面積ごとに円を描くように落とすのがコツです。

    *クリーナーを直接靴に塗るとシミやムラの原因になります。
    必ず布に取ってからご使用ください。

    *布は指3本に巻き付けると、力が分散し余計な力がかからず広い範囲を拭くことが出来ます。

  • 3. クリーナーを塗り伸ばす

    部分的な汚れ落としの後、靴全体にクリーナーを塗り伸ばします。
    クリーナーが一箇所に偏らないようにすばやく動かすことがポイントです。

  • 4. 靴クリームを塗布

    白革靴専用のクリームを塗り、革に栄養を与えます。
    指に巻き付けた布で、少量のクリームを数回に分けて塗り込みます。

  • 5. ブラシでクリームを馴染ませる

    靴クリームを靴全体に馴染ませるためにブラッシングします。
    塗りムラがないようにすばやく均一にブラシをかけます。

  • 6. 仕上げ磨き

    仕上げ磨き用の布で磨くと、ツヤやキメがアップします。
    布で磨く場合は、指に布を厚めに巻き、指の背を使って軽めに磨くのがポイントです。

  • 7. 防水スプレーで仕上げる

    仕上げに防水スプレーをかけます。水分だけでなく油分からも靴を守り、 汚れを付きにくくする効果もあるので次回のお手入れが楽になります。

    *スプレーは屋外でご使用下さい。

オイルレザー

革靴のお手入れ方法

オイル仕上げ靴のお手入れ方法

  • 1. 靴全体をブラッシング

    靴ブラシで靴全体をブラッシングし、靴についたホコリを落とします。

    *靴ブラシにクリームなどが付いていると色移りの原因となります。
    必ず、靴の色、革の種類等によりブラシを使い分けて下さい。

  • 2. 細部をブラッシング

    底のきわや革の合わせ目などの細かい部分を念入りにブラッシングします。
    この部分にホコリや汚れが残っていると、仕上がりに大きく差が出てしまいます。

  • 3. クリーナーで汚れ落とし

    クリーナーを使用し、汚れや以前に塗ったクリームを落とします。
    クリーナー使用の目安は、お手入れ3回に対して1回程度です。

    *素材によっては、クリームやクリーナーでシミや色落ちの原因になる場合があります。必ず、革、素材に合ったクリーナーを使用し、目立たない場所で、試してからご使用ください。


    皮革用クリーナーを使用する際は、クリーナーを布に取り靴の汚れを落とします。 小さな面積ごとに円を描くように落とすのがコツです。

    *クリーナーを直接靴に塗るとシミやムラの原因になります。
    必ず布に取ってからご使用ください。

    *布は指3本に巻き付けると、力が分散し余計な力がかからず広い範囲を拭くことが出来ます。

  • 4. 頑固な汚れを落とす

    頑固な汚れや、クリーナーで落としきる事ができない汚れは、皮革用石鹸を使用することで落ちる場合があります。

  • 5. 皮革用オイルを塗り込む

    皮革用のオイルをムラなく、均一に塗り込みます。
    できるだけ少量を薄く塗り広げるのがコツです。

  • 6. 拭き取り

    柔らかな布を使用し、靴の表面に残っている余分なオイルを拭き取ります。

ヌバック・ベロア・起毛革

革靴のお手入れ方法

ヌバック・ベロア・スエード靴の
お手入れ方法(起毛革)

  • 1. 靴全体をブラッシング

    毛足の中のホコリや土をブラッシングで取り除きます。

    *色移りを防ぐため、靴クリームのついたブラシは使用しないで下さい。
    起毛革用に専用のブラシをご用意下さい。

  • 2. 頑固な汚れを落とす

    部分的に落ちにくい汚れは、固形タイプの起毛革用汚れ落としをご使用下さい。また、全体的な汚れには、液体タイプの起毛革用汚れ落とし等もあります。

    *日常のお手入れには、起毛革用の栄養ミストもあります。

    *色が褪せてしまった場合は、起毛革用の補色剤もご使用下さい。

  • 3. 防水スプレーで仕上げる

    仕上げに防水スプレーで毛足を保護します。水分だけでなく油分からも靴を守り、汚れを付きにくくする効果もあるので次回のお手入れが楽になります。

    *スプレーは屋外でご使用下さい。

お手入れ・修理について

靴のお手入れ方法

1. 風通しの良い日陰で靴を良く乾かします。

2. 素材に合った柔らかめのブラシや布で、泥、ほこり等をよく落として下さい。

3. 靴の素材に合ったクリーナー、クリーム、保管用スプレー等を店頭でご相談の上お買い求め下さい。また、必ず目立たない部分で一度試してからご使用下さい。

4. スエード・ヌバック等の起毛素材は、専用ブラシ(市販)でブラッシングして下さい。尚、しつこい汚れに対しては靴用消しゴム(市販)を使用されると良いでしょう。

5. 7cmメンズアップシューズの中敷(マジックインソール)底部は汚れが溜まり易いので時々柔らかい布で汚れを取って下さい。
靴を保管する際は、靴箱から出して日陰で風通しの良い所へしまって下さい。

靴のお手入れ

靴を長くお使いいただくために、大切なこと

靴を休ませてください

靴の中は汗を吸いやすく、同じ靴を毎日お履きになると靴内が蒸れて不衛生になります。また、皮革等の劣化も早くなりますので、複数の靴を交互に使用することをお勧めします。
そして、一度お履きになられた靴は、風通しの良い所で陰干しをして下さい。

ウレタン製の底を使用した商品について

ウレタン底は軽量でクッション性があり、磨耗に優れておりますが、長期間の保管をしますと、靴箱・下駄箱内で靴内外の湿気が靴底に入り込み、使用回数に関わらず加水変化を生じ分解する恐れがあります(加水分解)。保管の際には陰干しをしてから靴箱・下駄箱に湿気が入らない様にして下さい。長期間の保管には適さない商品のため頻繁に履く方が加水分解にはなりにくいです。また、長期保管時には1ヶ月に数回陰干しする事で加水分解を軽減させる事ができます。

色落ちについて

天然皮革を使用した靴は、多少の色ムラ、シワなどがある場合があります。また、色落ちしますのであらかじめご了承下さい。薄色の靴下をご着用の際は色落ちによる着色にご注意下さい。

水洗いはお止め下さい

色落ち、型崩れ等の原因になりますので、水洗いを行うことはお止め下さい。

アフターメンテナンスについて

革靴本舗でお買い上げいただいた商品につきましては、製造メーカーである北嶋製靴工業所さんへ修理対応が可能かどうかお取次ぎ致します。

靴底が減った、ウレタン底の加水分解、その他の修理に関してご希望があればメールかお電話にて一度お問い合せ下さい。その際、購入時期をおっしゃって下さい。有償、無償につきましては、製造メーカーさんのご判断によります。

また、靴のご使用頻度、革の劣化状況等により修理対応できない場合もございますので、ご了承下さい。

靴底貼り替え依頼について

大切にお履き下さっている靴を、長く愛用されたい方に。
革靴本舗では、北嶋製靴工業所製の靴底の貼り替えをお取次ぎ致します。

ご要望が特に多いウレタン製の底について

ウレタン製の底は軽量でクッション性があり、磨耗に強いという特徴があります。しかし、物性上の特徴で空気中の水分を吸収すると加水分解という現象がおきる可能性があります。これは、靴の使用頻度とは無関係に一定期間が過ぎますと靴底がボロボロと破損する現象です。

【こんなときはご注意下さい】

・結婚式、パーティー等、ごくまれにしか履かない
・雨の日に履いてそのまま靴箱にしまっている
・収納場所の湿度が高い

ウレタン底の加水分解を防ぐには

長期間の保管には適しません。頻繁にお履きになることで水分が発散されます。
短期間でも保管する時は風通しの良い場所に置いて下さい。また靴箱に入れる場合は箱の横に穴を開けて通気性が良いようにして下さい。雨の日にご使用になった場合は水気をよくふき取って陰干しをして下さい。

靴底貼り替え前
靴底貼り替え後

★靴底貼り替えの注意点

貼り替えの際には靴に木型を入れます。甲革の状態によっては木型を入れる際に裂けてしまう可能性がありますので、甲革状態のひどいものは貼り替えができません。

靴底の種類によっては製造中止となり在庫のないものや、はがすことのできないものもありお断りすることがあります。

お申し込み下さったお客様には貼り替え可能かどうか個別にご連絡致します。貼り替え金額の目安は、当店からの送料込みで5,500円〜6,500円(税抜)となります。(当店への送料はお客様負担となります)
底貼り替えは、代金引換のみでお受け致しております。その他の決済方法を選択された場合でも、代金引換となりますのでご注意下さい。

靴底貼り替え

*靴底貼り替えのご注文はいったん0円にてカートに入ります。

その後、ご注文内容により5,500円〜6,500円(税抜)の金額にて代金引換で決済頂くメールを個別に送信致します。これは、靴の種類や状態によりお受けできない場合がある為ですので、ご了承下さい。商品の状態により、靴底貼り換え以外の修理が必要になる場合は、別途見積もりいたします。

→靴底貼り替えをご希望の方はこちらから

ページトップへ