革靴の寿命とソール交換について

革靴の寿命とソール交換について

シークレットインソール インヒール シークレットシューズ 背が高くなる靴

革靴の寿命と修理のタイミング

革靴はビジネスやフォーマルなシーンで欠かせない存在です。革の素材や製法、履く頻度や使用時間により寿命は大きく異なりますが、週に2回の使用で一般的には1年から3年と言われています。

買い替えや修理をするタイミングにはいくつかのポイントがあります。まずはじめに、かかとのすり減りです。靴の中でも負荷がかかりやすいかかとは、劣化しやすいパーツです。すり減ってくると見た目が悪くなることはもちろん、かかとより上の部分も傷んできますので気が付いたら修理をしましょう。次はつま先の傷みです。かかと同様歩いているとダメージを受けやすいパーツです。つま先が削れる前に修理をするのが寿命を延ばすコツです。かかと内部の革の破損も避けては通れません。脱いだり履いたりすることで摩擦が起こりダメージを受けやすいので必要に応じて修理をしましょう。また、脱ぎ履きする際に、かかとを踏んだり、かかと同士を擦り合わせて脱ぐ癖のある人は要注意です。靴の寿命が大幅に短くなってしまいますので、靴べらを使用するように癖付けしましょう。

歩くたびに体重のかかるインソールの寿命は約半年から1年と言われています。単純なはがれの場合は接着剤などで一時的に補修をすることで解決できますが、破れていたり明らかな劣化の場合はインソールの交換をするのをおすすめします。市販でもたくさんの機能性インソールが販売されています。最も雑菌がたまりやすいインソールは、頻繁に新調し、靴内部を快適に保ちましょう。不快な履き心地のまま使用しているとストレスになるばかりか靴の寿命までも縮めてしまいます。

最後は革靴の劣化を判断しやすい箇所、ソールの破損です。歩いていると当然擦り切れたり、穴が開いたりします。買い替えをしなくてはいけないように思いがちですが、ソールの交換が可能な靴もあります。ソールの交換ができるということは革靴の寿命を延ばすことにつながります。

革靴のソール交換方法

革靴にはソールの交換ができるものとできないものがあります。また、交換できる技術のあるお店とそうでないお店もあります。近年は海外製品も多く、日本国内で一から革靴を生産しているメーカーが少なくなってきているので、底の交換修理に対応してくれるメーカーも少なくなっています。メーカーが底の修理を対応してくれるところというのは、信頼のおける日本のメーカーだと言えます。

革靴のソール交換にはいくつかの種類があります。マッケイ製法のソール交換は、はじめに底面の接着剤を削り中板を装着します。中板とアッパーを縫い付けた後接着をし仕上げます。次にグッドイヤーウェルテッド製法の交換は、縫い糸を切りソールを外します。ウェルトを交換し形を整えた後はアッパーにウェルトを縫い付けます。かかとのカーブや形に合わせ削り仕上げていきます。セメンテッド製法は、靴底とアッパー、中底を接着により貼り付ける製法です。この製法による靴底交換は、製造元以外の修理屋さんでは、難しいことが多いと思います。

ソールが傷んだからといって買い替えるのではなく、ソール交換をすることにより長く着用できるのが革靴です。お手持ちの革靴がソール交換ができるタイプか買い替える前にぜひ確認をしてみてはいかがでしょうか。

革靴の寿命を延ばすポイント

せっかく気に入って購入した革靴はできるだけ長く愛用したいものです。そこで寿命を延ばすいくつかのポイントをご紹介します。

まず一番大切なことは日常の細めなメンテナンスです。汚れがついたままで放置していたり、雨に濡れてそのままにしておくと寿命はもちろん短くなります。まずはブラシで靴をブラッシングすることを習慣にしましょう。馬毛のブラシは毛先が柔らかいのでおすすめです。次に汚れはリムーバーなどで落とし靴についた水分は早めにふき取りましょう。表面がきれいになったらクリームで栄養を与えるとなお効果的です。購入したてのものに防水スプレーを使用するのもおすすめです。汚れや水分から守ってくれるため寿命を延ばす助けになります。

次にすぐ買い替えるのではなく傷んだパーツを修理することです。ソール交換はもとより、インソールやかかとなど傷んだパーツを修理することで着用期間を延ばすことが可能です。なるべくこまめに修繕しましょう。例えば、かかとは擦り切れてしまう前に交換をすることにより他のパーツまで傷みが及ばないメリットがあります。ソールの交換やパーツの修理をしやすい革靴を購入しておくと良いでしょう。

最後は同じ靴を毎日履かないということです。仕事などで毎日革靴を履かないといけない環境の場合は複数足用意をしましょう。順番に履いていくことにより一足の劣化のスピードが緩和され、結果的に靴の寿命も延びます。

ビジネスシーンなどで日常なくてはならない存在の革靴は、日々のメンテナンスを行うことで寿命を延ばすことが可能です。愛用している革靴の状態の見直しを明日からぜひ実践してみてください。

シークレットシューズを脱ぐときに気をつけたいこと

シークレットシューズを脱ぐときに気をつけたいこと

シークレットインソール インヒール シークレットシューズ 背が高くなる靴

脱いだときに身長がばれないようにするためには

シークレットシューズの使用を検討している人の中には、靴を脱ぐときに履いていることが明らかになってしまうのではないかと気にしている人も多いでしょう。例えば仕事帰りの飲み会などで座敷を利用するなど、いつどういったタイミングで靴を脱ぐかはわかりません。普段から身長を高く見せていても、他人にばれてしまってはせっかくの努力が水の泡です。そのためには、靴選びの段階からばれにくいものを選ぶように気をつけておく必要があります。

まず、購入するときにかかとの高すぎるものは避けるようにしましょう。具体的には5〜7センチ程度にとどめておきます。それ以上にかかとが高くなると、まともに歩けなくなるおそれがあり、歩けたとしても非常に不自然な歩き方になってしまいます。そうなると周囲から疑惑の目で見られかねません。また、靴を脱いだときも、高すぎない靴であれば違和感は少なくなります。

次に靴を脱いだあとも気をつける必要があります。シークレットシューズは履いている際に周囲へなるべくばれないような工夫がされていますが、脱いだ状態で上から見ると気付かれるおそれがあります。これを解決するため、靴と同じ色の中敷を重ねておくことが有効です。こうすることで、脱いだ靴を上から見ても、ちょっと見ただけでは内部の構造がわからなくなります。中敷を重ねると靴の内部が狭くなるため、なるべく薄い中敷を選ぶか、これを見越して大きめの靴を履いておくかすれば問題は緩和されます。

中敷を重ねると窮屈に感じられることはどうしても避けられませんが、元々見た目でばれにくい構造になっているシューズを選ぶ方法もあります。脱いだときの違和感を覚えにくいような、人間の持つ視覚効果を活かしたシューズもあるので、そのようなタイプを選ぶのも良いでしょう。シークレットシューズの購入時には、様々なことを考慮して選ぶようにしましょう。

脱いだときのにおいを緩和させるためには

シークレットシューズに限った話ではありませんが、靴を脱ぐといやなにおいが発生します。特に革靴はその特性上、スニーカーなどよりも蒸れやすくなっており、脱いだときのにおいにはより注意を払わなければなりません。においは蒸れることにより発生するため、蒸れにくくなるような工夫が必要です。

シークレットシューズの購入時には、できるだけ通気性の良い靴を選ぶようにします。合皮の靴は通気性が悪いので避けるようにしましょう。素材にも注意して、抗菌や防臭効果のあるものを意識して選びます。

ただし通気性のいい靴に限定して探すと、自分好みのデザインを選べないといった場合もあります。そういったケースでは、使い方によって少しでも蒸れにくくする工夫をしましょう。

まず、足を清潔に保つことが基本です。足の雑菌は湿度によって増殖するため、定期的に靴を脱いで通気するようにします。靴下の替えも常備しておき、汗をたくさんかいたら替えるようにすればにおいを緩和できます。靴下についても、できる限り分厚くて吸水性の優れた靴下を履くようにします。靴自体もできれば4足以上を準備して、続けて同じ靴を履かないようにローテーションしながら回すのが理想的です。こうすれば履かない日に内部を乾燥させることができます。

消臭スプレーの活用も効果的です。中敷も消臭効果のあるものを購入するようにします。以上のような工夫をこらして、できる限りにおいを発生させないようにし、もしにおってもできるだけ緩和させるようにするのが公共の場のマナーです。

脱いだあとの靴のケアが重要

シークレットシューズを脱いだあとは靴をしっかりと手入れすることが大切です。適切な手入れと保管によって靴の寿命がのびるためです。

靴を脱ぐと、たいていの人はそのままにしてしまいがちです。しかし、生活する上で靴に付く汚れは相当なものです。ちょっと近距離を歩くだけでも、靴は地面に一番近いところにあるためすぐに汚れてしまいます。そのため、脱いだらブラッシングすることを習慣づけるようにしましょう。汚れがたまってからまとめて落とそうとすると難しいため、随時落としておくほうが簡単で、結果的に靴の寿命をのばすことにもなります。

ブラッシングをしたあとの保管場所も考慮が必要です。大多数の人は玄関にそのまま置いていますが、もし直射日光が当たるような場所であれば、直射日光を避けられる場所へ移動させるようにします。他には、カビの発生を防ぐために高温多湿な場所には置かないことと、毎日ではなくとも定期的に陰干しをすることにも留意しましょう。陰干しは月に一回程度、風通しのいい場所ですることが推奨されています。

そして、履く前には防水スプレーも使うようにします。晴れていれば必要ないようにも思えますが、防水スプレーは水を防ぐだけではなく、ほこりや汚れなどを防ぐ効果もあります。購入時から気をつけておけば、新品の状態を長く保つことができます。これらのポイントを押さえて、できるだけ長く愛着を持って履き続けられるようにしましょう。

シークレットシューズはドレスコードでも大丈夫

シークレットシューズはドレスコードでも大丈夫

シークレットインソール インヒール シークレットシューズ 背が高くなる靴

パーティなどでは問題にされないシークレットシューズ

パーティ案内や豪華客船の搭乗案内などで時折ドレスコードが明記されていることがあります。このドレスコードは特定の集団が集まる場所、時間帯、目的などに応じて最もふさわしいと判断された服装で統一することで、参加者が嫌悪感や違和感などを抱かずに良い時間と空間を共有するためのルールです。最も格式が高いフォーマル、結婚式などのセミフォーマル、株主総会などでのビジネスアタイア(ビジネスウェア・仕事着でという意味)などいくつかの種類があります。

身体に障害があるために指定された服装を着用することが不可能というようなやむを得ない場合は例外ですが、参加するのであれば基本的に指定に従うのがマナーです。靴に関しても稀に指定がありますが、シークレットシューズは見かけ上は普通の靴と変わりませんので、パーティ会場に履いて行っても問題はありません。

ドレスコードに靴まで含まれるようなケースでは、たいていはカジュアル過ぎるスニーカーやサンダルなどが不可とされ、フォーマルな革靴に限定する場合が多いです。また黒、茶、白などカラーまで指定するケースもありますが、シークレットシューズを禁止するようなことはまずありません。むしろ結婚式場やパーティ会場となる高級ホテルなどの場合は、オプション品としてシークレットタイプの靴を用意しているところも多いくらいです。結婚式で主賓となる新郎が新婦よりも極端に背が低い場合に、本人や近親者らが相談してシークレットタイプの靴を履くことを前提に結婚式用のズボンの長さを決めることはよくあります。パーティでも主宰者が小柄すぎるとどこにいるのか分からないといったケースも想定されますし、開会挨拶やスピーチを行う際にある程度の身長があったほうがよいと考えるのであれば、こうした機能を持つ靴を利用することはごく当たり前のことです。

会場が靴を脱ぐ場所の場合は事前準備が大切

外から見ただけでは普通のシューズとほとんど変わりがないのに背が高く見えるシークレットシューズは、身長を気にしている人にとっては非常に助かる商品です。このシークレットシューズと、過去に国内で流行した厚底靴と比較して一番違う点は、履いていても他人には厚底タイプの靴とは分からないということです。靴の内部を見て初めて分かるくらい精巧にできていますし、製品によっては内部を見てもよく分からないものもあります。内底の高さもどんどん高いものが開発されていますし、履き心地や疲労度を低減させる機能も進化しています。

ビジネスパーティ会場などで、身長が高く見える方が営業成績のアップにつながる可能性があるのであれば、こうしたシューズを積極的に活用することはビジネスマンとして有効な選択肢です。身長が高く見えるだけでなく、履くことで若干前のめりになる結果、女性がハイヒールを履いている時のように姿勢が良くなる効果も期待されます。靴を脱ぐことがないシチュエーションではユーザーがスタイリッシュに見えるという点はプラスになります。ただ場所によっては避けた方がよい場合もあります。老舗料亭のお座敷など和室が会場になっていて、会場に入るためには靴を脱がなければならないケースでは注意が必要です。

ドレスコード上は問題になることはほとんどないシークレットシューズですが、この種の靴を履いている時のズボンは、靴全体の高さに合わせて長めにしているために、靴を脱いでしまうとズボンの丈が長すぎる状態になってしまいます。靴を脱いでそのまま引きずるように歩くとズボンを傷めてしまいかねませんが、対策はできます。あらかじめ靴を脱ぐことが分かっているのであれば、こうした事態を回避するため、ズボン下端の内側の布に面的着脱ができる特殊なテープタイプのファスナーをつけておくと便利です。靴を脱いだらズボンの下端を内側に折り曲げ、くっつけることで一時的にズボンを短くするわけです。このテープタイプのファスナーはくっつけることも剥がすことも簡単なので、再び靴を履くときはズボンの端をテープから剥がし簡単に元の長さに戻すことができます。シークレットタイプの靴を履いて、靴を脱いで上がる場所に行くときは、こうした工夫をしておくと悩まなくて済みます。

立ちっぱなしのパーティでは疲労に注意

男性が指定されるドレスコードは一般的にタキシードやモーニングなど、服装がほとんどで靴については明記されていないこともありますが、これには暗黙の了解が前提としてあり、ドレスコードが必要なレベルのパーティやイベントにおいては、基本的にはフォーマルな革靴を履くことが社会的常識です。もちろん足を骨折しているなどの理由で革靴がはけない身体的事情がある場合は別です。靴に関するコードがあっても革製のシークレットシューズであれば規定外になることはまずありませんので出席すること自体は問題ないのですが、気を付けなければならないことはあります。立食パーティなど、基本的にずっと立ったままの形式の会場であれば、シークレットシューズに慣れていない人の場合は思わぬ事態を招くことも考えられます。

靴の内底がつま先側から踵側へとなだらかに高くなっているシークレットタイプの革靴を履いている状態は、つま先立ちしている状態に近いわけですから、ふらつかないように用心しなければなりません。また履き慣れている方であれば心配はいりませんが、慣れていない方は疲れが蓄積することも考えられます。こうした懸念を重視するならば外国製品よりも日本人の足の特徴を考慮した国産品を選ぶ方が安心です。

サイズが合わず足元が不安定な状態だと、長時間立ったままのパーティでは徐々に疲れがたまり、ふとした拍子によろめいてしまうことも考えられます。国産品ならば日本人男性の足型の特性に最もマッチしたデザインで作られますので、足の長さや幅などのサイズ適合率が高いです。サイズがぴったり合っていれば、体重が靴に安定的にかかることで靴が適度に圧縮され、前滑り感を軽減したり安定感を増す効果も期待できます。

シークレットシューズはお洒落や姿勢矯正に最適

シークレットシューズはお洒落や姿勢矯正に最適

シークレットインソール インヒール シークレットシューズ 背が高くなる靴

シークレットシューズの意味と、着用することのメリット

シークレットシューズは靴の踵部分が高くなっている履物のことをいい、それを履くことで身長をいつもより高く見せることができます。踵の高さが5センチから10センチ程度のものが多いです。このシークレットシューズと似たものに、シークレットブーツがあります。シークレットブーツはシークレットシューズの中でも、ブーツタイプのものを言います。ブーツタイプは脱いだときも履き口の中身を見られにくく、上げ底になっているのが気付かれにくいという利点で特に人気があります。また、外国では、シークレットシューズはエレベーターシューズと呼ばれています。

シークレットシューズを着用する大きなメリットは、履くことによって背が高く見える点です。その利点を活かし、ビジネスやデート、結婚式では新郎、新婦とバージンロードを歩く父親など、フォーマルからカジュアルまでいかなる場面でも履けるようバリエーションが豊富に取りそろえられています。

ただ、シークレットシューズを使用していることは、周囲に気づかれたくないと考える人も少なくありません。現在販売されているものは、中敷きが工夫されていて脱いだ靴を見ても気づかれにくく、安心して着用できるものも多くなっています。

ただ、シークレットシューズを使用していることは、周囲に気づかれたくないと考える人も少なくありません。現在販売されているものは、中敷きが工夫されていて脱いだ靴を見ても気づかれにくく、安心して着用できるものも多くなっています。

自分に合ったシークレットシューズを選ぶコツ

シークレットシューズを選ぶ時、大切な条件としては足への負担です。踵が高すぎると歩き方に違和感があったり、足に負荷がかかりすぎたり、疲れやすくなったりします。そのため踵の高さは、5センチから7センチが履き心地も良く理想的です。踵が安定していると、指が圧迫されることがなく前すべりの防止にもなります。一般的なスニーカーは、つま先部分の捨て寸が含まれずにサイズ表記されていることが多いので、自分の足の長さよりも1センチから1.5センチくらい余裕のあるものを選ばれている方がほとんどです。しかし、シークレットシューズのスニーカーは、捨て寸も含まれているものも多いので、店舗によりサイズの案内をきちんと読んでから購入されることをおすすめします。その他にも、踵の高さと体のバランスは安全性を保つために非常に重要です。自分の体格と、踵の高さが合うバランスの良いものを選びましょう。

さらに足の負担を軽くしたいと考えるなら、靴の中敷きに適度な弾力性のあるゴム素材が入ったものがおすすめです。弾力性のあるゴム素材で足裏の負担が軽減されます。

またアッパーの素材選びはこだわりたいポイントです。本革の靴は合皮製と比較しても通気性が良くむれにくいです。特に初めて履くという方には厚みがあって型崩れがしにくく、お手入れが簡単な牛革や、繊維の密度が高く薄くて足に馴染みやすいカンガルー素材がおすすめです。

シークレットシューズは、海外製の輸入品ももちろんありますので、購入する際は注意が必要です。海外製はその国の人を対象に設計、制作されたものなので、日本人向けでないことがあります。ですから、初めて使用するなら特に、国内メーカーや国内生産のもので自分の足にフィットしたものを選ぶと良いでしょう。

お店などで試し履きの機会があるのなら、試し履きは足のむくみやすい時間帯である夕方にするようにしましょう。その際には靴下を履き、靴の履き心地を確認するようにします。冬場には厚い靴下を履くこともありますから、その点も考慮が必要です。その他にも、中敷きの形状が足裏とあっているかという点も確認が必要です。踵にヒールがあるため、中敷きがあっていないとつま先部分が痛くなる原因になります。

シークレットシューズを履く時に気をつけておきたいこととは

シークレットシューズを履いている時、外出先で靴を脱ぐ場面で困ってしまったという経験がある方もいるかもしれません。そのような方におすすめなのが、マジックインソールです。これは光学的な視覚効果を利用し、従来の中敷きよりも深く見えるような構造になっています。そのため靴を脱いだ時にこの靴がシークレットシューズだということはわかりにくいです。

またシークレットシューズを履いているということが周囲にはあまり知られなくないという方には、つま先が分厚すぎないもの、踵の高さがありすぎないものが良いでしょう。つま先に隙間があると、歩いている時に足が固定されないため歩き方が不自然になってしまいます。また踵が高すぎる靴の場合も歩き方が不自然になったり、小さな段差や石などにつまずいてしまったりすることがあります。

シークレットシューズは安全性やファッション性などを考慮した上で、自分に合ったものを見つけることをおすすめします。

シークレットシューズの買い換え時期はいつ頃か

シークレットシューズの買い換え時期はいつ頃か

シークレットインソール インヒール シークレットシューズ 背が高くなる靴

靴のトラブルで多い加水分解

一般的な靴の寿命はどのくらいかというのは、その靴の使用頻度と素材、保管方法によってもバラつきがあるので一概に言えませんが、おおよそ1年程度と言われています。シークレットシューズの場合、構造上かかとが上がっているため、その部分に体重が乗り内底が自重によってへこんできたり、靴底が体重のかけ具合によってすり減ってくれば買い替え時期と言えます。また、通常の靴と同じように、どうしようもない状況まで至った破損や、落ちない汚れの蓄積、素材自体の傷みやへたれ具合が酷くなった時も買い替えのタイミングです。

破損についてですが、一番よく聞くのがソールの加水分解です。例えば、久しぶりに下駄箱の奥から出した靴の底がまるで砂で作った城のようにボロボロと崩れてしまうといった現象です。加水分解とは水分とその反応物が悪影響を及ぼし、もともとの生成物に分解してしまう化学反応のことを言います。この反応に弱い代表格としてウレタン素材があります。このウレタン素材は耐摩耗性に優れていることから靴底によく使われていますが、この加水分解という反応を非常に誘発しやすい物質です。ウレタン素材は水分に弱い性質を持っているため、長期間使用せずにしまったままにしていた靴は湿気で傷んでしまい、加水分解を起こしボロボロと崩れてしまうことがあります。そういった理由から、購入時の靴箱の中には何個かのシリカゲルが封入されていることが多いのです。ウレタンという素材は靴底を製造した時点から水分を吸着し始めるので、保存方法が良くないと一度も履いていない靴でも同様に加水分解は起こります。

世界的に見ても日本で保管されている靴は加水分解を起こしやすいと言われています。それは日本の気候が高温多湿によるものと考えられています。一度、加水分解が起こってしまうと修繕のしようが無く、必然的に買い替えなければなりません。これを完全に防ぐことは難しいですが靴箱にしまったままにせずに、定期的に風通しの良い日陰に出すことで湿気から守ることができます。長期間にわたり保管する場合は、靴箱に入れず布袋をかぶせた状態で保管するか、どうしても靴箱で保管しスペースを確保するのならば、靴箱に通気孔をあけ、月に一度は最低でも外気に触れさせるようにしましょう。

ウレタン ポリウレタン 加水分解

シークレットシューズの破損

困る現象の一つに靴自体の破れがあります。長い間使用していると素材自体が摩耗し薄くなる部分が発生してしまいます。靴の表面をアッパーと言いますが、このアッパーとソールとのつなぎ目が破損しやすい箇所です。ここが破れるとアッパーとソールが外れてしまうので靴としての機能を果たさなくなり買い替えが必要になります。

他には、汚れが酷くなった場合も買い替え時期です。どれだけ手入れをしていても擦り傷や色あせは生じます。これらは少しの場合は足に馴染んできた証拠でいわゆる味が出てきたと表現されることもありますが、酷くなったものはリペアも難しくなります。とは言え長く愛用してきた靴ならば愛着もあると思うので、普段のお手入れを妥協せずに専用の汚れ落としグッズを使ったり、販売店でお手入れの方法を確認したりすることが大切です。

ものによっては修繕や取り換えのきくパーツもあるので確認が必要です。靴底は革底であれば張り替えもできるものが多く、中敷きや靴ひもなどは別売りされているパーツです。シークレットシューズは安いものではありませんので、購入の際は靴底の張り替えサービスを行っているお店で購入することも長く愛用できるポイントでしょう。

革靴本舗で購入したシークレットシューズの修理に関するQ&Aはこちら>>

シークレットシューズの寿命

靴そのもの自体に飽きた等の理由を除いて、買い替えるタイミングは、破れの度合いが酷くなったり、加水分解という化学反応でソール自体がボロボロと崩れて靴としての機能を果たさなくなったりといった、使用できない状態になった時がほとんどです。つまりこれらは靴の寿命です。この寿命は使用頻度とお手入れの方法、保管方法で幾分かは先に延ばすことも可能です。それらを十分に理解したうえで靴を履くようにしましょう。

最後にまれに起こりえるのが後天的な足のサイズの変化です。歳を重ねると足が細くなる人もいます。逆に食生活や生活環境の変化により足幅が広くなったり甲が高くなる人もいます。このような状態になった時に我慢して足に合わない靴を履き続けることは、健康を害することになったり、外反母趾や内反小趾といった足にまつわる病気になることもあります。肩凝りや頭痛なども靴が合わずに発生しうる疾患の一つとして考えられます。このような状態になった場合は無理をせず、改めて自分の足に合った靴を選びなおし早急に買い替えを検討しましょう。

シークレットシューズは以前に比べて身近なものになり選びやすくなりました。自分に合った最適なシューズを買い替えのタイミングにおいても十分に比較検討し、快適なシューズを購入しましょう。

シークレットシューズのメリットとデメリットとは

シークレットシューズのメリットとデメリットとは

シークレットインソール インヒール シークレットシューズ 背が高くなる靴

シークレットシューズのメリット

インターネットが普及したことで、店舗を直接探したり何件も足を運ぶ手間がなくなり、シークレットシューズを探すのも容易になりました。昔は店舗も限られていてデザインも画一的で限定的な扱いでしたが、種類も豊富となり使うシーンに応じて適した商品を選ぶことができるようになっています。コンプレックスをただ隠すためのものではなく、大切な仕事のシーンで背筋が伸びて見えるなどの嬉しい効果があり、使うことが恥ずかしいものではなくむしろ気軽にオープンに使用できるアイテムへと革新しています。 そんなシークレットシューズを選ぶ時はメリットやデメリット、注意すべき点を考慮し吟味することを心掛けましょう。

使用するメリットは、何と言っても身長が高くなったように見え足長効果を気軽に得られることでしょう。背筋がまっすぐに伸びたような感覚を得られ、堂々とした雰囲気を演出することができます。これはビジネスのシーンにおいても重要な点で、背中が曲がって見えると頼りなく感じたり、やる気がないような印象を与えがちです。シークレットシューズは構造上、かかと部分が上がるようになっており自然と背筋がまっすぐになり、姿勢が良く見える効果があり、履いている間は無理なく持続することができます。これにより相手が受ける印象が格段にアップし、頼りになるサラリーマンを演出できます。また自身の気持ちも目線が高くなることで変化が起こり、自信を持てたり性格が変わったような感覚になることもあります。大切な日に着用すれば商談などの成功率も上がるかもしれません。

カジュアルに使えるのも大きなメリット

カジュアルなデザインのシークレットシューズもあるのでプライベートでも活躍します。彼女とのデートの日や友人と会う時などにも気分が高まり自然と明るくなったりするものです。それだけ姿勢が良く見えることと周りからのイメージは自身のパーソナリティーに直結する可能性があります。堂々とした威厳のある立ち居振る舞いが必要な時、目線を高くして明るい印象を持たせたい時にシークレットシューズは活躍します。

使用する際、周囲に気付かれるのはデメリットでしたが、最近はデザイン的にシークレットシューズであるということが他の人から見てわかりにくく、抵抗なく履くことができるようになった点がメリットと言えます。一般の方はもとより、成果が求められる政治家や見た目の印象がとても重要な芸能人にも愛用者が多いのは、これらのメリットがもたらすプラスの要因が多いことを証明しています。靴だけで大げさだと思われるかもしれませんが、そのくらい、目線の位置が普段より数センチでも高くなり姿勢が良く見えるというのは大きな変化をもたらします。それゆえに、昔よりも扱い店舗が増え、デザインも多岐にわたるものが製造されています。選ぶ時は自分に合ったデザイン、ヒールの高さをよく吟味しましょう。

さらに、シークレットシューズを履くことでおしゃれをより楽しめるという点が挙げられます。背が高いとそれだけで着こなしがぐっと良く見えるのは事実です。洗練された着こなしができるようになります。パンツをはいた時、背が高いという効果をシークレットシューズがもたらすということは同時に足が長く見えるということにもなります。足が長いというだけで同じデニムでも全く違った印象を与えることが可能です。おしゃれの幅が広がるのは足長効果がもたらすメリットです。もちろん、足が長く見えるだけでおしゃれになるとは言い切れませんが、足長効果を得ることでおしゃれを楽しむ幅は確実に増えますし、なによりもおしゃれが楽しいと思う機会が格段に多くなるでしょう。

;

シークレットシューズのデメリット

メリットだけでなくデメリットにも同様に目を向けることが必要です。まず、デザインや扱っている店舗が増えたとはいえ、一般の靴の販売店と比べると少数なのは事実です。普通の靴と同じようにブランドで選ぶことができにくい点もデメリットとして挙げられます。

特殊な木型を使っている物が多く、普通のシューズと比較すると割高な商品が多いのも事実です。また履き心地の点において問題があるケースもみられます。内底が上がっている作りのものがシークレットシューズの基本構造なので、靴の中で爪先立ちになっているということになり、ヒールを履きなれない男性にとっては慣れるまで少々時間が必要で、履きはじめは疲れやすく感じることがあります。それが原因で転ぶというようなことは考えにくいですが、普通の靴と比べると履き心地の点では慣れるまでに多少時間が必要です。

そして、意外な盲点ですがパンツの裾の調整が必要という点です。普段通りの裾上げをしたり、いつもの丈を選んでしまうと、シークレットシューズを履いた時に短すぎてバランスが悪くなってしまいます。シークレットシューズに合わせたパンツの長さが必要になるので注意が必要です。これらのデメリットが挙げられますが、それぞれに解決策はありますので、数多いメリットと比べると大きな問題とは感じないのではないでしょうか。

シークレットシューズにつながる厚底靴の歴史

シークレットシューズにつながる厚底靴の歴史

シークレットインソール インヒール シークレットシューズ 背が高くなる靴

政治や演劇で必要とされたシークレットシューズの歴史

厚生労働省の統計によると、日本人の30歳から39歳までの2015年の平均身長は男性172センチ、女性が158.2センチとなっています。身長も個性ですから、本来は高くても低くても気にする必要はないのですが、さまざまな理由やニーズによって、身長を高く見せる靴の開発は昔から世界中でなされてきました。最近ではビジネスシーンなどでシークレットシューズを愛用する人がいます。見た目は普通のシューズとまったく変わらないのに、靴の内底の部分がつま先部分から踵方向にむかってなだらかに高くなっており、その高さの分だけ身長が高く見える効果があります。このタイプの靴を履くことで、実際の身長よりも高く見せることができるだけでなく、姿勢を美しく保つことができるという利点があります。女性がハイヒールを履くと背筋がすっとまっすぐ伸びて、スタイルだけでなく姿勢もよく見えるのと同じ効果です。

実際よりも背を高く見せることができるという観点で、シークレットタイプの靴の歴史をさかのぼると、いわゆる厚底靴に至ります。清朝最後の皇帝を主人公にした映画をご覧になった方は気づかれたと思いますが、身分が高い満州貴族は趣向を凝らした美しい厚底靴を履いており、それは権威の象徴の一つでした。

芸術の舞台でも京劇には厚底靴をはいた主人公が登場しますし、ヨーロッパにおいても厚底靴が流行した時期があります。古代ギリシャの劇場ではメインの人物を際立たせるために厚底靴が使われました。また18世紀ごろからは、馬車を引く馬の排泄物が道路にまき散らされることが多かったので、この汚物や汚れを避けるために厚底靴が流行しました。このように厚底靴の歴史には、身長を少しでも高く見せる必要があったり、芸術上の観点から効果があったりと実務上の理由が背景にあります。

こうした歴史上の厚底靴と現在のシークレットタイプの靴とでは決定的な違いがあります。歴史上の厚底靴は靴のソールの部分が分厚くなっているタイプで、だれでも一見してわかるものでした。シークレットタイプの靴は逆に誰にも知られないように靴の内底に巧みな工夫を凝らしています。両者は開発目的が全く異なるので工法も見た目も全く違うのですが、歴史的に見れば、靴を厚底にするという創意工夫という点ではつながる系譜です。

文化や流行を反映した花魁下駄と厚底ブーツ

シークレットシューズを履くと背が高く見えるだけでなく姿勢もよくなるので、歩く姿も美しく優雅なイメージを作り出します。この視点で、日本の厚底靴の歴史をひも解くと、花魁が禿や振袖新造らを引き連れて練り歩く花魁道中の際に履いていた三枚歯の花魁下駄も一種の厚底靴的な要素を含んでおり、広い意味でシークレットシューズのルーツの一つです。花魁は18世紀中頃の京都が発祥の地とされ、その後江戸などでも人気を集めた女性たちです。花魁道中では、高さが約18センチ、重さも相当ある特別な三枚歯の下駄を履き、八文字と言われる独特の凛とした歩き方でしずしずと進んでいきます。花魁にとっては自分の背が高くみえ、風情ある歩き方ができる花魁道中の三枚歯下駄は自分の価値を強くアピールするための必須アイテムでした。

シークレットシューズのルーツとなる厚底靴に関する最近の事例としては、1990年代に女子高校生など若い女性に大流行した厚底サンダルや厚底ブーツがあります。ソールの高さは15センチから20センチ近くあるような物まで流通していました。当時から人気だった女性シンガーが厚底ブーツを履いたこともあり大ブームになりました。ただ、これらはほぼ女性専用であり、男性用の厚底サンダルや厚底ブーツはほとんど見かけることはありませんでした。

これらの厚底靴は基本的に靴の裏側全体が分厚く、当然ながら外見上すぐに分かります。最近では踵の部分はハイヒールのような形状にした商品もありますが、一見して分かるという点では同じです。その点、身長が低い男性のニーズが高いシークレット型の靴やブーツは内底を巧みにかさ上げした工夫がしてあるのがポイントで、外見上は普通の靴とあまり見分けがつかないという点が重要になります。

知られたくない気持ちを考慮した創意工夫

中国や欧州で流行した厚底靴は、権威付けや芸術上の効果などを目的に改良が重ねられ、全体のデザインや履き心地なども考慮されていきました。厚底靴の歴史は靴の外見上の美しさだけでなく、それを履く人々の足元や姿勢の美しさ、さらには歩く動作の優雅さまで演出する総体的な創意工夫の系譜であり、そのスピリッツは現代ではシークレットシューズとして進化し、多くのユーザーを満足させています。昔の厚底靴との決定的な違いは、履いていることを他人に知られたくないという気持ちに寄り添った靴だということです。

足の長さや身長は本人にはどうしようもない事ですし、少しでも高く見せたいという気持ちを抱く人がいることは当然です。そうした人々の気持ちを考えた製品を開発することは意義があります。

現代ではシークレットタイプの男性用靴は演劇、映画、テレビ業界などでも活躍しています。男性俳優の身長がパートナーの女優の身長より極端に低かったりすると演出上困るシーンもあるからです。また女優が男役を演じる演劇の場合も、娘役の女優との身長のバランスを考慮しなければならないケースもあります。人に見せるのが目的となっていたかつての厚底靴サンダルなどと決定的に違うのはこの点で、外見上は違和感なく背が高い男優に見えることが重要です。しかも若干つま先立ちの状態になるのでかえって姿勢が良くなり、見栄えがする効果が生まれるという点でも、芸術界においては重要な舞台アイテムとなっています。

シークレットシューズとはどんな靴なのか

シークレットシューズとはどんな靴なのか

シークレットシューズ 背が高くなる靴

背を高くしているのはインソールの存在

シークレットシューズという名前を聞いたことがある人は多いでしょう。これは、靴を履くと背が高く見えるというものです。背を高く見せられるのは知っているけれども、具体的にどうしてそうなるのかわからない人も多くいます。

外部から気づかれることなく身長を高くするカギを握っているのがインソールの存在です。インソールはシューズの中に入っている上げ底部分のことで、いわゆる中敷きのようなものととらえるとわかりやすいでしょう。このインソールに厚みを出すことによって、見えない部分で底上げをすることができます。その結果、靴を履くことによって見た目を高くできるという仕組みです。

女性だけでなく、男性の履く靴もつま先と比較をするとかかとの方がやや高くなっています。例えばヒールの部分が3cmアップしているものがあったとします。しかしその中に隠されているインソールに4cmの厚みがあれば、総合的にその靴を履くだけで7cmも高さを出せます。はたから見ればヒール部分の3cmしか底上げされていないように見えるので、バレることなく、従来よりも身長を高く見せることができるわけです。

身長が低いというのは男性も女性も、時としてコンプレックスになりがちです。特に男性の場合、女性と一緒に並んだ時に相手よりも背が低かったとなるとショックという人は少なくありません。しかも成長期をすでに過ぎている大人の場合、そこから成長して急激に背が伸びるということは考えにくいものです。それでもコンプレックスを克服したければ、このようなシークレットシューズで自然にサイズアップすることも一つの方法といえます。

体勢が崩れて歩きにくいことはないのか

シークレットシューズはヒールとインソールの高さをかさ増しすることによって実際よりも背を高く見せるためのアイテムです。イメージとしては女性の良く履いているハイヒールを装着して歩いているようなかたちです。女性はヒールのあるシューズを履いて歩くことに慣れている人も多いでしょうが、男性の場合はヒールの高い靴を履く機会はなかなかありません。そうなると常につま先立ちをしているような状態で、歩きにくいのではないかと思うこともあるでしょう。何か油断していると前につんのめってしまうような気がする人も多く、また長時間そのようなシューズを装着して歩くと、いつも以上に疲れやすそうというイメージを抱く人もいます。

シークレットシューズを使っている人を見てみると、大体6cm前後のものを使っている人が大半です。最初のうちは、これほど傾斜のついた靴を履いたことはないという人が多いため、履き慣れないことがほとんどです。これは、男性の場合は重心が前にかかるような立ち方を普段しないからであり、仕方のないことです。しかし違和感があるのは最初のうちだけで、個人差は若干ありますが数日から1週間も使い続けていると違和感はなくなるでしょう。

ちなみに女性も初めてハイヒールを履いた時には、体勢をどうすればいいのか戸惑う傾向が見られます。女性がハイヒールに慣れるのと同じような感覚で、男性でも数日履いていれば慣れることができます。そのため、自分には使いこなせそうにないと最初からあきらめず、自身の順応力を信じて履いてみることが大切です。

自分にマッチする靴の選び方

歩きやすいかどうかという点は、シークレットシューズを購入するにあたっても重要なポイントになります。現在販売されているシークレットシューズを見てみると、高さが商品によって異なることが分かるようになっています。高さがあれば、今までよりもすらっとしてスタイルがよく見えますが、一方で高さが出れば出るほど、どうしても体勢が不安定になってしまいます。そのため、高さと履きやすさのバランスをうまくとることが求められます。

おすすめなのは、最初のうちはソールの高さが低めのアイテムを使ってみることです。履き続けるうちに徐々に慣れてきますし、自分の身長にまだ不満があれば、もう少し高いものに買い替えてみることができます。このようにすると無理なく自然に自分の理想の身長まで引き上げることが可能となります。

また、シークレットシューズを購入したい人の中には、背の高さも大事だけれども周囲に不自然と思われないようなものがいいと考えている人もいるでしょう。最近ではより自然に背を高く見せられるように工夫が施されているアイテムもいろいろと出てきています。例えば、インソールの形状を工夫して、ヒールだけを高くするのではなく、全体的に底上げをしているようなデザインのものもあります。このようなタイプを選ぶと傾斜が緩やかになるので、最初から履きやすさを感じることができます。

このように高さやデザインでいろいろな特徴を持ったシークレットシューズが出ています。ぜひ自分の理想のものを見つけてみましょう。

シークレットシューズで高身長になるポイント

シークレットシューズで高身長になるポイント

シークレットインソール インヒール シークレットシューズ 背が高くなる靴

シークレットシューズで高身長をアピールできる

シークレットシューズという言葉を聞いたことがあるでしょうか。主に男性が履く靴ですが、底がヒールアップされていて身長を高く見せられるシューズです。ヒールというと女性の履く靴をすぐに思い浮かべがちですが、男性の靴は見た目ではそれほど分からないように設計されています。

見た感じは普通の革靴と同じで違和感なく履けます。インヒールと呼ばれる、靴の中にヒールを設計することで靴底がヒールアップしています。外側のかかとの部分も若干のヒールがついていますので、全体的に普通の靴より約5センチから7センチ程度身長が高く見えます。履くことで足長なシルエットを強調することができ、高身長に見えるのでスーツをより格好よくオシャレに着こなせるようになります。

女性のハイヒールにも利用されている履きやすい中敷きも、シークレットシューズの特長の一つです。女性のヒールも毎日オフィスで履くため、足が疲れないようにいろいろな工夫がされています。例えば疲れないように弾力性のあるクッションを使った中敷きを入れたり、蒸れないように通気性のあるものを使ったりしています。高身長が期待できるシークレットシューズも、長時間履き続けることが多いため、疲れにくい弾力性の強いクッションを用いています。蒸れないように通気性の高いものを使うこともあります。

男性が仕事でよく使う革靴は、色も大切です。誰でもお気に入りの柄やカラーがあることでしょう。背広の色に合わせて革靴を選んでいる人も多いです。シークレットシューズも普段使っているのと同じような形状やカラーがいいと思うことでしょう。インターネットショップでは、好きなカラーやデザインで注文することができます。

シークレットシューズの選び方

シークレットシューズは革靴が多いため、サイズの選び方に注意が必要です。スニーカーを選ぶとき、ほとんどの人は少し大きめのサイズを選びます。スニーカーはつま先の捨て寸と呼ばれる、余裕寸法が設計に入っていないからです。しかし、革靴は少しつま先に余裕があるように作られているため、足のサイズそのままのサイズ表記の革靴が履きやすいとされています。シークレットシューズはかかとがあるため、サイズが大きすぎると靴が足に合わないようになってしまい、前につんのめった状態になってしまいます。なるべく自分のサイズにピッタリのものを選ぶと良いでしょう。ブランドによっては、普段のサイズより0.5ミリほど小さいサイズのほうが良いときもあります。

次に足の回り、つまり足囲と呼ばれるサイズも確認します。お店で試し履きできるときは、ほとんど意識することはありませんが、足囲がピッタリだと足が疲れることがなく、幅もゆったりとしていて履きやすいです。足囲とは、足の幅の一番広いところ、足の親指と小指の付け根にある骨の出っ張りを通るように、メジャーをぐるりと巻いてサイズを計測します。このサイズが分かると、靴幅も正確に知ることができます。歩いても疲れない足囲を選びましょう。

自分にピッタリの靴を選んだら、次は履きやすいかどうかのチェックです。高身長に見せたいとはいえ、ヒールが高すぎて歩きにくかったり、足に負担がかかるものは、毎日履くのには不向きです。歩いて靴が重くないか確認する必要があります。女性はヒール付きのシューズになれていますが、男性は履き慣れていないと、つま先が痛くなったり、いつも以上に足が疲れるということもあります。

その他の選び方ポイント

インターネットでシークレットシューズを販売しているところなら、実店舗のような試着はできませんが、インターネットの画像や細かい情報をよくチェックして購入することができます。正面だけの画像ではなく、側面、中身など、あらゆる角度から商品をチェックできるようになっているため、よく確認しましょう。

注文してシューズが到着したら、まずは試し履きをしてみます。シューズはしばらく歩かないと、履き心地など分からないものです。特にヒールが疲れないか、立ったときに前のめりにならないか、など確認する必要があります。ネット販売をしているショップによっては、商品到着後一度試し履きをして、サイズが合わないようなら無料でサイズ交換できるというところもあります。送料は無料のところと有料のところがありますので、なるべく無料のショップで購入しましょう。

サイズ交換無料の試し履きサービスのあるお店↓↓

シークレットシューズ 試着 サイズ交換 無料

ネットショップは、お客様の声やレビューなどを公開しているところもあります。どんな商品を買ったか、履き心地はどうか、詳しい様子を知ることができます。いつも自分が選んでいるサイズでも少しきつく感じたり、つま先に違和感があるなど、お店やブランドによって多少の違いがあります。そういった細かい感想は、履いてみないと分からないため、購入前にはこういうレビューもチェックしておくといいでしょう。

よくある質問というページがあるなら、そこもチェックしておくと安心です。返品や皆が知りたいと思うことについて記載されています。送付にどれくらいの時間がかかるかも事前に確認しておくことが大切です。高身長に憧れる方は一度試してみてはいかがでしょうか。

シークレットシューズのよくあるお問い合わせ↓↓

シークレットシューズ 質問

シークレットシューズでもっとおしゃれにカッコ良く

シークレットシューズでもっとおしゃれにカッコ良く

シークレットインソール インヒール シークレットシューズ 背が高くなる靴

おしゃれはやっぱり足元から

女性の中にはモデル体型に憧れる方も多く、全身の中でも特に美脚に強いこだわりを持っている方も多くいます。そんな美脚にこだわりを持っている方は、より足を美しく長くきれいに見せるために、高いヒールのパンプスを履きスタイルアップさせています。 しかし、身長や足の長さを気にしているのは女性だけではありません。むしろ、男性の方が身長に関して多くのコンプレックスを抱えている方が多くいます。1センチでも高く見せたい、女性よりも低いのは嫌だ、背の高い男性の横には立ちたくないなど、男性の身長に関する悩みは尽きません。

そのような男性の悩みを解消してくれる強い味方がシークレットシューズです。履くと不自然で、他人にばれてしまうのではないかと不安に思われている方もいることでしょう。しかし、シークレットシューズは種類も豊富に揃っていますので、TPOに合わせて最適なシューズをセレクトすることで何の違和感もなくおしゃれに履きこなすことができます。

おしゃれは足元からと言われるように、靴はとても重要なおしゃれポイントです。どんなに素敵な洋服を着ていてもボロボロの靴やテイストが合っていない靴を履いていてはおしゃれも台無しです。

また、靴の取り扱いで清潔感や几帳面さに違いが出てしまうので、中には営業に来たビジネスマンの足元を見て、その人となりを判断するという人もいます。シークレットシューズはビジネスシーンでも違和感なく履きこなせるよう、丁寧におしゃれに作られているので、履いているだけでスタイルも良くなり、足元にも気を遣えるデキるビジネスマンを演出することが可能です。

TPOに合わせて選べる

シークレットシューズはTPOに合わせてさまざまなシーンで履きこなすことができます。ビジネスシーンには欠かせない革靴はもちろん、チノパンやジーンズにも合わせやすいスニーカーやワークブーツなどカジュアルなものも販売されています。

中でも、一週間のうち大半を過ごすビジネスシーンでの活用が多く、現役のサラリーマンだけでなく、第一印象も重要になる就職活動中の学生や新成人の方にも重宝されています。時にはお祝いとして、両親からお子さんへプレゼントするケースもあります。特に学生の場合には初めてのスーツ選びにも悪戦苦闘することが予想されます。社会人の先輩として、素敵なスーツとスタイルアップに効果的なシークレットシューズをプレゼントされると、ビジュアルも重視したい世代には喜ばれること間違いなしです。

就職活動・ビジネスにおすすめシューズ↓↓

シークレットシューズ 就職活動 シークレットシューズ 就職活動

また、ビジネスシーンだけでなく、結婚式でも大活躍するのがシークレットシューズです。結婚式で新婦さんがウェディングドレスを着用する場合、大抵の場合は普段はあまり履かないような高いヒールのパンプスを履きます。そのため普段は新郎の方が背が高いのに、高いヒールのパンプスを着用した新婦さんの方が高くなってしまうこともあります。せっかくの結婚式なので、やはり男性もスタイル良く見られたいものです。そんなときに活躍してくれるのがシークレットシューズです。

見た目にはおしゃれな普通の靴なので、周囲にばれることもなく、自然にスタイルアップすることができます。結婚式で新婦さんとバージンロードを並んで歩く機会もある新婦のお父さんにもおすすめです。

結婚式におすすめシューズ↓↓

シークレットシューズ 就職活動 シークレットシューズ 就職活動

日本人のために作られたシューズがおすすめ

実際に初めてシークレットシューズを購入しようと思ったものの、いろいろな疑問や不安があってなかなか購入に至らないという方もいます。特に、周囲にシークレットシューズを履いていることがばれるのではないかと不安に思っている方が多くいます。そんな方には視覚効果により通常のシューズよりも中敷きが深く見えるようにインソールが工夫されている商品を選ぶと良いでしょう。他人の靴の中敷きをまじまじと見る人はそうはいないので、まず気づかれることはありません。

マジックインソールシークレットシューズ↓↓

シークレットシューズ マジックインソール

また、普段はぺたんこに近いシューズを履いているので、高いヒールだと歩きにくかったり変に負担がかかってしまうのでは、と思われている方もいます。シークレットシューズの場合、女性のハイヒールとは違ってインヒールなので歩きやすくなっています。また、クッション性の高いインヒールであればかかとなどにかかる負担を軽減することが可能です。中にはインヒールのおかげで背筋がピンと伸びて姿勢が良くなったり、クッション性があるので普段履いているシューズよりも歩きやすくなったりする人もいます。

シークレットシューズを購入する際には、専門に取り扱っているお店で購入することをおすすめします。特に、ビジネスシーンでの着用など長時間身につける物の場合には履き心地も重視するべきです。足への負担を軽減するためにも、シークレットシューズとしてきちんと設計された商品が良いです。また、海外製の商品もおしゃれで素敵なのですが、日本人の足を研究されているシューズは、日本人の足によりフィットするシューズに仕上がっているので長時間履いていても疲れにくく痛くなりにくいなどおすすめです。

おしゃれは靴選びから始まる

おしゃれは靴選びから始まる

シークレットインソール インヒール シークレットシューズ 背が高くなる靴

お洒落の基本は足元を整えることから

ビジネスやプライベートにおいて、人はそれぞれおしゃれに気を遣うものですが、よくおしゃれの基本は足元からと言われます。なぜそのように言われるのかにも、きちんとした理由があります。

多くの人は見た目で第一印象を決定しますが、靴などの足元も案外見ているものです。特に女性は男性のファッションをチェックする際に足元を見る人が多く、靴の汚れだけでなく、きちんとコーディネートされているかもおしゃれな人かどうかを判断するポイントとなります。いくらおしゃれをしていても、足元がだらしないものだと詰めの甘さを抱かせてしまい、またあらゆる場面にて信頼感を得ることが難しくなります。

ビジネスシーンではスーツや装飾品はもちろん、靴がおしゃれかどうかも気にかけていると、各方面に気を配れる人だと評価されやすくなります。たとえ高価なものでなくても、清潔感があって服装に合ったコーディネートをするだけで相手に良い印象をもたらします。一方、気を配れていない場合だと生活に余裕が無かったり目先の問題を後回しにしてしまったりするような印象を与えかねません。特に取引先やお客さまと接するにあたっては、第一印象が悪いとその後も支障をきたしてしまいます。

自宅に等身大で見られる鏡が無ければ、足元は直視して確認することが難しいので、ついおろそかにしがちです。靴を購入する際にも、全身のコーディネートを考えてまでは買わない人もいます。これらの点をふまえた上で各種対策をとることで、足元からのおしゃれ作りをはじめることができます。

ビジネスシーンでの靴とおしゃれの関係

ビジネスシーンにおいては革靴を履く方が多くいますが、スーツとの組み合わせや色合いを考えると、おしゃれ作りに役立ちます。

まず黒の靴におけるコーディネートのポイントですが、全身を黒でまとめると落ち着いた印象を与えることができます。見た目には足長効果もあり、スリムな印象にもなります。一方、シンプルすぎるとリクルートスーツに間違えられる場合があり、装飾品などで個性を出す必要があります。黒は汚れや色艶が目立ちやすいので、定期的にワックスを塗ったりして色艶を出し、汚れを除去しておくようにしましょう。特に雨天時に履いて雨水が付いたままにしておくとあとが残ることもあり、相手に与える印象が悪くなる可能性もあるため注意が必要です。

靴を茶色にする場合は、コーディネートのポイントとして、スーツを黒にするとおしゃれな印象をもたせることができます。茶色と言っても色合いは濃淡それぞれありますが、スーツが黒のときに靴色が暗いものを選ぶと落ち着いた印象を与えることができます。紺色のスーツの場合はバランスがよく見られやすく、合わせやすいことが特徴です。装飾品やシャツが派手だとカジュアルすぎる印象を与えることもあるので注意をしましょう。グレースーツの場合は、濃い色の方がきっちりとした印象となります。

各種コーディネートをする際、色合いが異なりすぎるとバランスが悪くなることが考えられます。スーツや靴以外にも装飾品や、男性の場合はネクタイ、シャツもおしゃれのポイントになります。そのためトータルでファッション雑誌などを見て研究をし、おしゃれに関する知識を得ておくことが大切です。

ビジネス以外の場面での靴とおしゃれの関係

ビジネス以外の場面で革靴を履く機会もありますが、種類を知っておくことで購入時に選びやすくなり、おしゃれ作りにも役立ちます。

革靴のひもを通す穴の開いた部分を羽根と言い、これが甲の部分と合わさっている場合は内羽根式、独立しているものが外羽根式です。冠婚葬祭においては内羽根式がよく使用されますが、これは19世紀末の英国から由来が来ています。宮殿など室内で過ごす際に、内羽根式のタイプは正装の位置づけとなり、日本に伝わりました。そのため、カジュアルな用途で使用されるために作られてはいません。一方外羽根式は19世紀末に欧州にてワーテルローの戦いがありましたが、その際に使用されたものです。それが日本に伝わり今日に至り、カジュアルな用途で使用されるものとなっています。

内羽根式のビジネスシューズ

シークレットインソール インヒール シークレットシューズ 背が高くなる靴

外羽根式のビジネスシューズ

シークレットインソール インヒール シークレットシューズ 背が高くなる靴

爪先の装飾に関して、コーディネートのしやすいプレーントゥタイプの場合は、主張が少なく落ち着いた着こなしができます。シルエットはぼってりと丸みのあるタイプならカジュアル向きですが、細身のタイプはビジネスやフォーマルに向いています。

質感はなめした革をけば立てたスエード調や、特有のしわを強調したタイプのものがあります。ジーンズやチノパンなどと組み合わせてもおしゃれな印象をもたらします。色合いはブラウンや赤などの明るい色の場合、カジュアル向きな印象になります。特に若い年齢の方なら、大切な方とのデートにて使用する方法もあります。

靴の素材として、人工皮革や合革のタイプは、値段は相応に経年劣化をしやすく足を痛めやすくなります。カーブレザーや馬革のような天然素材のタイプは足への負担がかからない上、すぐになじみやすく、見た目にも高級感をもたらすため、おしゃれ作りにも最適です。

オーダーメイドで革靴を作ろう

オーダーメイドで革靴を作ろう

シークレットインソール インヒール シークレットシューズ 背が高くなる靴

シークレットシューズが士業に人気

現在、弁護士や税理士など、いわゆる士業と呼ばれる職業の人に人気なのがシークレットシューズです。シークレットシューズとは簡単に言うと、周囲に厚底の靴を履いているとわからないようになっている靴のことであり、身長を高く見せる効果があります。

士業に人気がある理由として、仕事に役立つことが挙げられます。士業という仕事は少し特殊なため、他の仕事に比べてより堂々とした印象が大切です。自分が仕事を依頼する場合で考えても、複雑な案件を依頼するのであれば自信にあふれた人に頼みたいという人は多くいます。シークレットシューズを履いて身長を上乗せすることによって、物おじせず気持ちに少し余裕が生まれるため、士業の間でひそかに人気を博しています。

気持ちに余裕が生まれるのは士業に限った話ではなく、もちろん他の仕事にも言えます。例えば営業の仕事であれば気持ちにゆとりを持つことは非常に大事です。そのため、スーツに合わせて、革靴もオーダーメイドのシークレットシューズを履くことがおすすめです。

購入する場合は、できるだけ通販サイトで購入をした方が安心です。履いていることが周囲にばれないかという観点で考えると、店舗での購入はリスクが高くなるためおすすめできません。通販なら種類が豊富にある中から、自分にぴったりの一足を見つけることができます。さらにオーダーメイドなら、好みの革靴に少しの料金をプラスすれば注文できるケースが多くなります。

オーダーメイドをするメリットとは

オーダーメイドの種類は大きく分けて二つあります。根本的に最初から作るフルオーダーと、既製品にプラスアルファして組み合わせて作るイージーオーダーです。フルオーダーは自分に合う一足を作るのが意外に難しく、費用や手間を考慮するとイージーオーダーで依頼することがおすすめです。

革靴をイージーオーダーする大まかな流れとしては、定番商品からデザインを選び、素材や色も選択して見積もりを出してもらい、納得すれば注文して商品を受け取るという形です。デザインや素材の選択は、例えばつま先だけなどパーツごとにも対応できる場合が多いため、見積もり依頼時に相談するようにしましょう。オーダーメイドの性質上、受注生産方式になるため、サイズの交換や返品はできないことは頭に入れておくことが大切です。

革靴をイージーオーダーするメリットとしては、フルオーダーに比べて値段が手頃なことと、納期も一般的に短くなることが挙げられます。デザインや素材が限定されるとは言え、細かい部分まで自分の好みでカスタムできるため組み合わせのパターンも膨大にあり、逆に考えればとことんこだわることができるとも言えます。

もう一つメリットを挙げると、既製品と比べてサイズに融通がききやすいということがあります。足の形は人それぞれですから、既製品ではどうしても幅やサイズが合わない人もいます。イージーオーダーであれば幅やサイズを複数の種類の中から選べるため、そういった心配もなくなります。革靴を購入するたびに悩んでいた人にとってはうれしいポイントとなるでしょう。

シークレットシューズ専門店での購入がおすすめ

革靴をオーダーメイドで作る際には、基本的に通販サイトでの購入になりますが、その中でもできるだけシークレットシューズの専門店を選ぶことが大切です。一般の靴販売店が商品の一環としてシークレットシューズを売っているケースもありますが、シークレットシューズは普通の靴とは構造が大幅に違うため特殊な技術が必要です。専門に扱っている店の方が技術は優れていますので、よほどの事情がない限りは専門店を探すようにしましょう。

専門店を選ぶポイントについては大きく三つあります。一つはラインアップが豊富にあるかどうかです。せっかく購入するのですから、限られたデザインの中から選ぶよりは、種類が多すぎて決めかねるぐらい多くのデザインから選べる店を探すようにします。

二つめは店のレビューです。革靴に限らず、インターネット上での買い物は基本的に口コミやレビューを参考にする人が多いので、レビューで実際にユーザーからどのように評価されているかを確認するようにします。レビューの数も重要で、どれくらい多くのユーザーが利用したかのバロメーターになります。レビューが多く、なおかつ高評価が多い店なら安心して購入できるでしょう。

三つめは商品の質です。シークレットシューズは特別な構造をしている関係上、履くと少し歩きにくくなったり、足が痛くなったりするケースが普通の靴より多くなりがちです。そのため、しっかりとした構造になっている革靴を選ぶことが大切です。判断する方法として、通販サイト上に生産工場の情報が載っているか確認してみることをおすすめします。例えば自社工場で生産しているようであれば信頼度はより高いと言えますし、逆に情報自体が載っていないような場合は注意が必要です。

↓↓シークレットシューズのイージーオーダーはこちら↓↓

シークレットシューズ イージーオーダー

年代別にお勧めのシークレットシューズをご紹介!

年代別にお勧めのシークレットシューズをご紹介!

シークレットインソール インヒール シークレットシューズ 背が高くなる靴

一口にシークレットシューズといってもそのご利用目的は多種多様だと思います。

老若男女によっても使用する目的は変わってくると思いますので今回はそんな、年代別にお勧めしているシークレットシューズをご紹介していきたいと思います。

10代、20代にお勧めのシークレットシューズ

10代、20代と言えば入学式や卒業式、成人式や入社式などのセレモニーが多い年代だと思います。まだまだ若くてフレッシュなこの年代、セレモニーでは、どうせなら少しでもよく見せたい、気になる女の子に良い印象を与えたい、といった方が多いのではないでしょうか。 そんなこの年代の人にお勧めするのは、ややカジュアル目なシークレットシューズです。 一昔前はシークレットシューズといえばその種類は少なく、定番の方のモノしかありませんでしたが今はそんなこともなくニーズに合うように多種多様なシューズが存在しています。

その中でもやはりこの年代は若いこともありオフィシャルな場というよりはまだまだカジュアルな場が多いと思いますのでどちらかというとカジュアル目なシューズをおすすめしています。

レザースニーカータイプであったり、牛革のワークブーツ、牛革ベロア素材のものなどです。普段のファッションで使ったとしても違和感のないおしゃれなデザインのものが多くあります。

シークレットシューズ スニーカー カジュアル シークレットシューズ ワークブーツ カジュアル シークレットシューズ ベロア チャッカブーツ カジュアル

また、カジュアルなものとは別に、セレモニー用として1足、フォーマルなタイプを持っておくこともお勧めします。就職活動や入社式などビジネスの場で用いる場合は定番のブラックのロングノーズ外羽根タイプのシューズやロングノーズストレートチップのものがおすすめです。

シークレットシューズ ビジネス 紐 シークレットシューズ ビジネス 内羽根 ストレートチップ

30代、40代にお勧めのシークレットシューズ

この年代はバリバリ働くビジネスマンの方が多いのではないでしょうか。

セレモニーや就職活動といった一時的な使用ではなく日常的に使うケースも多いかと思います。また、カジュアルさというよりもどちらかというとビジネスタイプのシューズの方が無難でしょう。

日常的に使うという観点からいくと耐久性もとても重要になってきます。

そこでおすすめしているシューズのタイプとしては若年層にもおすすめした2つもお勧めなのですが、長時間履くケースも多いと思いますので通気性抜群で蒸れにくいロングノーズプレーンタイプがおすすめとなっています。

通常、革靴は布製のスニーカー等と比べると、通気性があまりよくなく蒸れやすい特徴となっています。しかし、中には通気性の良いものもあり、ビジネスマンには特に人気になっています。

長時間履くからには外見のおしゃれさももちろん大事ですが履きやすさ、快適さを重視していきたいですよね。

シークレットシューズ 通気 ビジネス 紐 シークレットシューズ 通気 ビジネス モンク

50代、60代にお勧めのシークレットシューズ

ご年配の方は日常的に営業に飛び回ったりするケースはどちらかというと少なくなってくるかと思います。

それよりも履きやすさや、高級さ、落ち着いた雰囲気が感じられるものが人気になってきます。

そんな年代の方に人気な商品が、カンガルー革のモカスリッポンタイプのシューズです。カンガルー革は非常に柔らかく足馴染みが良いため、履き心地を重視される方には特に人気です。また、紐ではなくスリッポンタイプの方が、かがまずに脱ぎ履きできるのでお勧めです。また、年齢とともに土踏まずのアーチもなくなり、足幅が広がりがちですので、4Eワイズのゆったり幅デザインを選ぶ方が多くなります。

シークレットシューズ 通気 ビジネス モカ スリッポン

いかがでしたでしょうか。

冒頭で申し上げましたように一口にシークレットシューズといっても種類も豊富ですし利用用途も多種多様になっています。

自分の年代にしっかりと合ったぴったりの一品を選びたいですよね。

それぞれのシチュエーションにあったシークレットシューズを選び、どの年代の方もシークレットシューズライフを楽しみましょう!

日本人男性の平均身長について

日本人男性の平均身長について

シークレットインソール インヒール シークレットシューズ 背が高くなる靴

平均身長が低くなった?

衛生状態の改善とともに、長期にわたって伸びてきた日本人の成人の平均身長が、昭和55(1980)年生まれ以降、縮む傾向にあることが、国立成育医療研究センター研究所の森崎菜穂室長らのチームの調査で分かった。300万人を超す身長データを分析し、専門誌に論文を発表がありました。

最新の平成8(1996)年生まれの平均を見ると、男性はピーク時に比べ0.64センチ、女性は0.21センチ低くなっています。差はわずかではありますが、低下傾向ははっきりと見て取れます。

身長が低くなった直接の原因は明らかにはなっていませんが、昭和55年ごろから深刻化した健康関連の問題に、体重2500グラム未満で生まれる「低出生体重児」の急激な増加があります。低体重で生まれると成人後の身長が低い傾向があることは過去の研究で示されているため、チームは「それが原因の一つになっている可能性もある」と指摘しているそうです。

公衆衛生や国民の栄養状態の顕著な改善などにより日本人の成人の平均身長は過去約100年で約15センチ伸びてきていましたがその成長も近年は止まってしまっていたそうです。

日本人男性の平均身長の推移

今では170センチを超えている成人男性の平均身長ですがかつてはどうだったのでしょうか。

統計情報を見てみると、1945年戦後間もないころの成人男性の平均身長は約160センチちょうどぐらいだったそうです。そこからほぼ毎年右肩上がりで少しずつ平均身長が高くなっていき、60年間で10儷瓩も高くなり今では約172センチほどとなっています。

平均身長が増加していっている要因としては食生活の変化が大きいといわれています。

戦後間もないころは十分な食料供給が行われず平均摂取カロリーはとても低かったそうです。今では飽食の国と呼ばれるほどまでに食生活は豊かになっていますので平均摂取カロリーも大幅に増加しそのことが平均委身長の増加の大きな要因といえそうです。

最新の情報では前述の通り、平均身長はわずかながらではありますが低下しています。 しかし、近年の推移を見るとずっと増加傾向にあったことがわかりますね。

60年間で10僂睚振竸板垢上昇しているのはびっくりする方もいるのではないでしょうか。

どうしたら身長を高くできるか

成人の男性の平均身長は上記のように約172センチであることがわかりましたが平均身長が上昇していっているだけでもちろん平均に満たない身長の方も多くいると思います。 そういった方の多くはもう少し身長が高ければいいな、とかせめて170センチは欲しかったのにな、ということを思ったりしないでしょうか。

そういった方々にお勧めなのがシークレットシューズです。聞いたことはありますでしょうか。簡単にご説明しますと厚底の靴になるのですが構造上、周囲から厚底を履いているようには見えない靴のことを指します。そこからシークレットという名前がついているのですね。

身長を高く見せたいと思う一方で厚底を履いているいるのは周りに知られたくない、そんな気持ちの人が多いと思います。身長が低いことがコンプレックスではあるけどそのことを他人に気づかれずに身長を高く見せたいですもんね。そんな方にピッタリなアイテムなのです。

160僂舛腓Δ匹世辰進も10僖▲奪廚離掘璽レットシューズを履けば簡単に170僖ーバーになることができます。

身長を高く見せることで自分に自信もつき、仕事や恋愛も上手くいくといったケースもございます。

身長にお悩みの方は是非一度シークレットシューズをご検討してみてはいかがでしょうか。

日本人女性の平均身長について

日本人女性の平均身長について

シークレットインソール インヒール シークレットシューズ 背が高くなる靴

平均身長が低くなった?

衛生状態の改善とともに、長期にわたって伸びてきた日本人の成人の平均身長が、昭和55(1980)年生まれ以降、縮む傾向にあることが、国立成育医療研究センター研究所の森崎菜穂室長らのチームの調査で分かった。300万人を超す身長データを分析し、専門誌に論文を発表がありました。

最新の平成8(1996)年生まれの平均を見ると、男性はピーク時に比べ0.64センチ、女性は0.21センチ低くなっています。差はわずかではありますが、低下傾向ははっきりと見て取れます。

身長が低くなった直接の原因は明らかにはなっていませんが、昭和55年ごろから深刻化した健康関連の問題に、体重2500グラム未満で生まれる「低出生体重児」の急激な増加があります。低体重で生まれると成人後の身長が低い傾向があることは過去の研究で示されているため、チームは「それが原因の一つになっている可能性もある」と指摘しているそうです。

公衆衛生や国民の栄養状態の顕著な改善などにより日本人の成人の平均身長は過去約100年で約15センチ伸びてきていましたがその成長も近年は止まってしまっていたそうです。

日本人女性の平均身長の推移

今では約158センチを超えている成人女性の平均身長ですがかつてはどうだったのでしょうか。

統計情報を見てみると、1945年戦後間もないころの成人女性の平均身長は約150センチちょうどぐらいだったそうです。そこからほぼ毎年右肩上がりで少しずつ平均身長が高くなっていき、60年間で約10兌綛發なり今では約158センチほどとなっています。

平均身長が増加していっている要因としては食生活の変化が大きいといわれています。 戦後間もないころは十分な食料供給が行われず平均摂取カロリーはとても低かったそうです。今では飽食の国と呼ばれるほどまでに食生活は豊かになっていますので、平均摂取カロリーも大幅に増加しそのことが平均委身長の増加の大きな要因といえそうです。

最新の情報では前述の通り、平均身長はわずかながらではありますが低下しています。 しかし、近年の推移を見るとずっと増加傾向にあったことがわかりますね。

60年間で10僂睚振竸板垢上昇しているのはびっくりする方もいるのではないでしょうか。

どうしたら身長を高くできるか

成人の女性の平均身長は上記のように約158センチであることがわかりましたが、平均身長が上昇していっているだけでもちろん平均に満たない身長の方も多くいると思います。 そういった方の多くはもう少し身長が高ければいいな、とかせめて155センチは欲しかったのにな、ということを思ったりしないでしょうか。

そういった方々にお勧めなのがシークレットシューズです。聞いたことはありますでしょうか。簡単にご説明しますと厚底の靴になるのですが構造上、周囲から厚底を履いているようには見えない靴のことを指します。そこからシークレットという名前がついているのですね。

身長を高く見せたいと思う一方で厚底を履いているいるのは周りに知られたくない、そんな気持ちの人が多いと思います。身長が低いことがコンプレックスではあるけどそのことを他人に気づかれずに身長を高く見せたいですもんね。そんな方にピッタリなアイテムなのです。

靴によっていろいろな種類があるのですが2,3僖▲奪廚離皀里ら10儷瓩身長を高く見せることのできる靴まで豊富にございます。男性用のシークレットシューズが有名ですが、女性用のシークレットシューズを扱っているお店もございます。

150僂舛腓Δ匹世辰進も5僖▲奪廚離掘璽レットシューズを履けば簡単に155僂畔振竸板垢剖瓩鼎ます。また、膝下が5cm長くなるので、足長に見え、簡単にスタイルアップできます。

身長を高く見せることで自分に自信もつき、仕事や恋愛も上手くいくといったケースもございます。

身長にお悩みの方は是非一度シークレットシューズをご検討してみてはいかがでしょうか。

身長にお悩みの女性は骨盤矯正をお試しください

身長にお悩みの女性は骨盤矯正をお試しください

シークレットインソール インヒール シークレットシューズ 背が高くなる靴

身長にお悩みのある方に朗報です

今や日本人女性の平均身長は約158センチほどであるといわれています。

平均身長に対して自分の身長が低いことでコンプレックスを抱えている女性は多いのではないでしょうか。

身長が低いために自分に自信が持てない、恋愛がうまくいかない等々。

厚底のヒールを履けば身長を高く見せることはできますが一目でわかっちゃいますよね。 根本的な身長は変わらないのでコンプレックスは解消されないままだと思います。

身長を高くする方法としては牛乳を飲むであったり、よく寝ることや食物繊維を豊富に摂るなど色々な方法が紹介されているかと思います。

今回はそういったありきたりな手法ではなく骨盤矯正というあまりなじみのない方法をご紹介したいと思います。

骨盤矯正で身長が伸びる可能性は十分にあります

もちろん骨盤矯正は魔法ではありませんから、どんなに熱心に通っても伸び幅が決まっています。例えば普段から正しい姿勢で動き、骨格の歪みがほとんどない方・・・しかもある程度の年齢の方にいくら施術を施しても、身長が伸びるような変化は期待することはできません。

反対に、骨盤矯正で身長が伸びる可能性がおおいにあるのは、慢性的な猫背トラブルを抱えている方、骨盤をはじめ骨格の歪みを抱えている方です。骨盤の歪みを正確に説明すると、骨盤の近くにある股関節、腰椎が正しいポジションにない状態です。骨盤そのものは大きな靭帯に支えられていますが、股関節と腰椎に歪みが生じている状態だと、まるで骨盤が開いたり傾いたりしているように見えてしまいます。

この状態だと、関連部位の筋肉までバランスを崩している筈ですから、骨盤矯正アプローチと同時にストレッチや腰回しエクササイズで筋肉のバランスを取り戻す対策も行わなければなりません。いわゆる名医と呼ばれるような整体師だと、たった1回施術を施しただけで身長が1cmから5cmも伸びる程、骨格を整えることができる可能性があります。

ただし、この効果を持続させる為には整体施術も繰り返し行う必要がありますし、ご自身でもご自宅で普段筋肉のバランスを整える為に身体を動かさなければなりません。昔から身長を伸ばす為には牛乳をたくさん飲むと良いと言い伝えられていますが、「土台=骨格」に問題があれば伸びるものも伸びません。

木が高く伸びる為にも太い幹がまっすぐ傾いていない状態であることが必要です。いくら成長の余地がある木でも、幹に問題があり伸びる方向が間違っていたら、いつまで経っても横に広がるばかりで高さのない低い木になってしまいます。整体施術は専門家に任せるとして、自宅で手軽にできる骨盤矯正方法は2つあります。

まず膝倒し体操と呼ばれる仰向けに寝転んで行う運動方法。仰向けに寝転んだ状態で、膝を上げてゆっくりと左右交互に足を倒し床にタッチして下さい。回数は大体30回を目標にします。もう1つは腰周り体操で、こちらのエクササイズは立ったまま行います。肩幅に足を広げて立ち、腰に両手をあてたまま、右方向に大きく回しましょう。今度は反対側の左周りを行い、左右交互に10回ずつ行えばOKです。回す時、つま先やかかとが地面から離れないよう踏ん張るのがこの運動のポイントです。

骨盤矯正で身長を高くしよう

上記で紹介したように骨盤矯正は万人に共通する手法ではありませんが効果的な手法の一つであるとは言えそうですね。

身長が低いことに悩んでいて色々試しても上手くいかない方は一度ご検討してみてください。

女性が身長を伸ばすにはO脚矯正という手段も?

女性が身長を伸ばすにはO脚矯正という手段も?

シークレットインソール インヒール シークレットシューズ 背が高くなる靴

本人女性の平均身長について

2018年現在、日本人女性の平均身長は約158センチほどであるというデータがあります。この数値は60年前の戦後間もない頃は148センチほどだったものなので約10センチ以上も増加していますね。

160センチ後半が当たり前になりつつある現在で自分の身長が低いことにお悩みの方はいませんか?

身長が低いためにおしゃれな服がきこなせない、異性に女性としてみてもらえず妹のように見られてしまい恋愛がうまくいかない。そういった方は多くいらっしゃるかなと思います。

誰しも一度は身長を高くしたい、スタイル良く見せたい、これぐらいの身長だったらいいな、と思ったことがあるのではないでしょうか。世の中には様々な身長を伸ばす方法が紹介されていますが今回はO脚を修正することによって身長を高くすることができるという方法についてご紹介いたします。

O脚の人は、足が曲がっている事で、身長が実際よりも低くなっている場合が多いです。O脚矯正をする事で、身長が高くなるのはもちろん、身体のラインが真っすぐになる事で、代謝もアップし、痩せやすい体質へと変化させる事ができます。冷え性や便秘の改善にも繋がると考えられる為、少しでも早くO脚矯正を始める事をおすすめします。

しかし、即効性があるものではありませんので、数ヶ月かかる事もあります。くじけずに、少しずつ改善していきましょう。

O脚の人は、全身の血行が悪い事が考えられますので、若いうちに改善する事が大切です。O脚を矯正するには、まず立ち方を改善する事が必要です。かかとをくっつけて立ち、骨盤を後ろに倒します。そして股関節は外側へねじるイメージで、膝をなるべく近づけます。この時にお尻にも力を入れましょう。こうする事で、足の内側の筋肉とお尻の筋肉が強化されますので、ヒップアップと細足効果が得られます。O脚矯正のエクササイズは、湾曲した足を矯正するだけでなく、細くする効果も期待できるのが、嬉しい所です。

この基本の立ち方ができる様になったら、そのまま膝をくっつけた状態で、膝を曲げて伸ばしてを繰り返します。慣れるまではつらいかもしれませんが、少しずつ改善していると思えば、頑張れる事でしょう。座っている時にも、意識を集中させてください。

背もたれを使わないで椅子に座り、かかとと膝をぴったりとつけます。なるべく力を入れて、両足をくっつける様にしましょう。

くれぐれも、足を組んで座らない様に注意する様にしましょう。

日本人の90%はO脚と言われていて、特に若い女性に多いのが特徴です。現代人は、同じ姿勢で長時間過ごす事が多く、運動をあまりしない為、偏った筋肉が発達してしまいます。これがO脚になる原因の一つです。

また、骨盤が歪んでいたり、猫背によりお腹がたるんでいるのも、O脚の改善を妨げる原因となります。日頃からきれいな姿勢を保つ様に心がけ、立ち方や歩き方も改善すれば、シルエット美人になる事間違いなしです。

就職活動の際にシークレットシューズを活用し、印象を良く見せよう

就職活動の際にシークレットシューズを活用し、印象を良く見せよう

シークレットインソール インヒール シークレットシューズ 背が高くなる靴

誰もが一度は経験があると思われる、就職活動。

もう終わってしまった方はいいですがこれから就職活動を迎える学生の方は、少しでも印象を良く見せようと髪型を整えたり、良いスーツを購入したりと色々されていると思います。

しかし、意外と盲点になっているのが身長です。もともと高身長な人は構いませんが自分の身長が低いことにコンプレックスを感じている方も中にはいるのではないでしょうか。

身長をコンプレックスに感じてしまうとそれだけで委縮してしまい堂々と振舞えず、良い印象を与えられないケースもございます。特に集団面接等で周りの人が皆自分より身長が高いと委縮してしまいがちかもしれません。

そういった際に身長を伸ばすなんて簡単にはできないと思われる方も多いと思いますが、シークレットシューズなら解決してくれます。

シークレットシューズとは

シークレットシューズという言葉を初めて耳にした方向けに簡単にシークレットシューズとは何かをご紹介しますと、「周りには履いていることがわからないような構造になっている厚底の靴」という説明がイメージしやすいかと思います。

様々な理由で身長を高く見せたい方っていませんか?恋人がほしいけど身長が低いことがコンプレックスになってしまい自分に自信が持てず、恋愛がうまくいかないという方。はたまた、税理士さんや弁護士の方で職業柄周囲に威厳を見せたいにもかかわらず平均身長以下でどうしても威厳が出にくい方。結婚式などの晴れの舞台で堂々と振舞いたいが花嫁の方より身長が低く、堂々とできない方。そういった方々にお勧めのシューズとなっています。

そういった方々に共通する特徴として「身長は高く見せたいが周囲にばれずに高く見せたい」という点が挙げられるかと思います。周囲の目を気にしないのであれば単純に厚底の靴を履けばいいですもんね。しかしシークレットシューズはその構造上、身長を高く見せることができるのにもかかわらず周囲にそうだとわかりにくい構造になっているのです。

身長を高く見せて就職活動を上手に乗り越えよう

いかがでしょうか。シークレットシューズを履けば簡単に身長を高くできる(厳密には高く見せることができる)ように思えませんか?

もちろん、通常の革靴等と比較するとやや高価であることは否めません。

しかし、就職活動というものは今後の人生を左右しかねない大事なイベントの一つであるといえるでしょう。スーツや髪型にはお金をかけると思いますので少し奮発して革靴にもお金をかけちゃいましょう。

シークレットシューズを履いて身長を高く見せることができるとそれだけで自信が湧いてきたり堂々と振舞えるようになると思います。就職活動いうのは過去の実績や学力等も重要ですが、その前にまず印象というのが最も重要であるといわれています。

ややずるく思う方もいるかもしれませんが印象を良く見せるためできることがあるのであれば、積極的に活用していきましょう!

ここで一つ気を付けておきたいのが、あまり高すぎる(サイズアップという意味で)靴を選ばないということです。身長を高く見せたいからと言ってシークレットシューズを履いたこともない人が、いきなり15センチアップのシークレットシューズを履いたらどうなるでしょうか。おそらくまともに歩けないどころか立っていられないと思います。

身長を高く見せることに気を取られ、まともに歩けなくなってしまっては本末転倒なので5〜7センチアップにとどめておきましょう。

就職活動におすすめシューズ↓↓

シークレットシューズ 就職活動 シークレットシューズ 就職活動

自分の足に合ったシューズを選びましょう

自分の足に合ったシューズを選びましょう

シークレットインソール インヒール シークレットシューズ 背が高くなる靴

シークレットシューズはその特性から一般的なシューズと比較してやや高価な商品です。 履く機会は通常の靴よりも少ないかもしれませんがどうせなら長く使いたいですし自分に合ったものを選びたいですよね。

今回はそんな、自分にぴったりの靴を探す選び方についていくつかポイントをまとめてみましたのでご紹介します。

・足になじむ「いい靴」の共通点とは

そもそも、足になじむ靴とはいったいどのようなものなのでしょうか。

感覚的になんとなく「あ、この靴は足になじむな」といった感覚はあるかもしれませんがそれが何故馴染むかについてはなかなか考えたことがないのではないでしょうか。

どういった靴が馴染むといえるのか、まとめてみました。

1.指のつけ根の部分のソールが曲がる

脚をしっかりと支えてくれる「良い靴」は、つま先を立ててみた時、足指のつけ根まわりのソールだけが曲がり、その他の部分はまっすぐな状態のままです。

2.「かかとまわり」がしっかりしている

靴のかかとの部分は、「ヒールカウンター」と呼ばれています。

かかとや脚の骨は、このかかと部分の硬さに支えられることにより、靴の中で動いたり歪んだりする事なく、まっすぐ立つ事ができるのです。

親指でかかと部分を押してみたときに、しっかりとした靴を選びましょう。

3. 靴の背骨・「シャンク」が丈夫

「シャンクってなに?」と思われた方もいるかもしれません。

中敷きと靴底の間の「土踏まず」があたる部分には、通常「金属製の細長い板状の部品」が入っており、これを「シャンク(踏まず芯)」といいます。

靴底のアーチ部分が、ちょうど「土踏まず」にあたります。

中敷きの下に隠れた、見えない部品「シャンク」。

実は、この「シャンク」、靴にかかる「体重を支え」たり、地面の「衝撃から足を保護」したり、「靴の背骨」として非常に大切な役割を果たしています。

「靴は軽くて柔らかい方がいい」と思いがちですが、きちんと「シャンク」が入っている靴は、足の負担を軽くしてくれます。

長く大切に履ける上質な靴を選びたいなら、購入前に「靴底がしっかりと硬いかどうか」、ぜひご確認下さい。

自分にぴったりと合った靴を見つけるためには

1.自分の足と靴の「サイズ」について知る

靴のサイズ表示はメーカー・国によって異なり、私たちの足の形も、体調や時間帯等により変わり続けています。

その為、既製品のサイズを見て自分にぴったり合う靴を探すのは難しいのだそうです。 サイズチェックは参考程度にとどめ、試着で自分に合う靴を見つけるのがやっぱりベストです。

もし自分のサイズをしっかりと知りたい場合は、「その人の足に合った靴を選ぶ専門家」である「シューフィッター」に測ってもらうのもいいかもしれません。

「足と靴と健康協議会」のサイトからは、資格を持った「シューフィッター」が在籍している最寄の店舗を探すこともできます。

2.ぴったりなサイズを見つける「試着の2つのコツ」

●脚がむくみやすい夕方が試着のベストタイミング。

通販での購入が多いシークレットシューズですが、なかには試し履きをさせてくれるところも。試し履きの際は「両足」で履き、できれば室内を少し歩き回ったりしゃがみ込んだりしてみて、違和感を感じたりしないかチェックをしましょう。

●「甲」と「かかと」のサイズ感をチェック

足の甲と靴との間が密着していて、「食い込みがなく、かつ完全には指が差し込めず、指の先が少しひっかかる程度の空きがある状態」かどうか、足のつま先が靴の甲部や前部分に当たっておらず、「1cm程度の余裕」があるかどうか、つま先立ちをした時に、歩行の際にかかと部分が足から抜けないかどうか、等々気をつけましょう。

自分にぴったりな靴をしっかりと選びできるだけ長く使い続けましょう!

結婚式に革靴を履いていく際の注意点について

結婚式に革靴を履いていく際の注意点について

シークレットインソール インヒール シークレットシューズ 背が高くなる靴

結婚式にお呼ばれした際に履いていく靴について悩んだことのある方はいませんか?私も初めてお呼ばれした際はどういった靴を履いていけばいいのかわからず困ったことがあります。そういった人たちのために本記事では結婚式にふさわしい靴や、逆にNGな靴についてご説明いたします。

結婚式にふさわしいデザインの革靴とは

気になるポイントとしては「デザイン」と「色」だと思いますので、まずはデザインについてご説明します。デザインに関してですが、ひも付きのものが基本となっています。

結婚式は身内が多いとは言えどフォーマルな場になりますので、靴もフォーマルなものが無難でしょう。ひも付きのものとひも無しのものでは、一般的に紐付きの方がフォーマルであるといわれています。そのため、ひもの有無で迷った際は確実に紐付きのデザインのものを選びましょう。

次に気になるのがつま先のデザインです。革靴のつま先のデザインって結構豊富ですよね。どういったデザインがいいのでしょうか?

おすすめなのは「ストレートチップ」と「プレーントゥ」の2種類です。どちらもつま先のデザインの中ではオーソドックスなデザインでしょう。奇抜なデザインは好まれませんので無難なデザインである上記2種類を選ぶようにしましょう。

また、靴ひもを通す「羽根」の部分についても「内羽根式」、「外羽根式」の2種類があります。こちらに関してはどちらを選んでもあまり変わりはないといわれていますが、よりフォーマルなデザインは内羽根式となりますので、格式にこだわる場合は、内羽根式の革靴が良いでしょう。

結婚式にふさわしい色について

デザインの次は色について解説します。

基本的にですが、革靴の色はスーツの色に合わせて黒色を選択するのが大人のマナーであるといわれています。最近では茶色系のスーツや革靴で参加する人も増えていますが無難なのはやはり黒でしょう。特に、親族の立場で参列する場合や友人代表のスピーチを頼まれている場合などは茶色系の靴は避けたほうが無難です。親族として参列する場合はゲストをお迎えする立場であるといえるので通常よりも格式の高い服装を心がける必要があります。また、スピーチをする際は周囲の注目も集まることから黒にすることが無難と言えます。 色に悩んだ際は黒を選べば間違いはなさそうですね。

選んではいけないNG靴はこちら!

今までは結婚式にふさわしい靴について紹介してきましたが今度は逆に結婚式には避けていった方がよいNGな例について紹介します。

まず真っ先にさけたほうがいいものとして動物の型押しを施したものや、ワニ革や毛皮などです。殺傷を連想させるため縁起が悪いといわれており、結婚式に履いていくのは避けましょう。足元なのでそこまで目立たないかもしれませんが少しでもイメージは壊したくないですよね。

次に避けたいデザインが「メダリオンデザイン」です。メダリオンデザインとは革靴のつま先にたくさんの小さな穴が開いたデザインのことです。おしゃれではあるのですがカジュアル感がどうしてもぬぐえないためフォーマルな場には不向きであるといえます。なるべくシンプルなデザインを選びましょう。

また、言うまでもないですがカジュアルすぎる靴はNGです。例えば、スニーカーやサンダル、ブーツなどです。一見おしゃれに感じるかもしれませんがカジュアルすぎる印象を与えかねないためフォーマルな場には合いません。「ブーツ丈の革靴だったらスーツにもぴったりだし別にいいのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、残念ですがこちらも避けたほうがいいでしょう。やはりカジュアルな印象を与えてしまいます。

いかがでしたでしょうか。

結婚式に履いていく革靴に関しては無難でシンプルなデザインや色のものが望ましいことがわかっていただけたかと思います。おしゃれにしたい気持ちもわかりますが結婚式の主役はあくまで新郎新婦です。お呼ばれする際はなるべくシンプルな靴で参列するようにしましょう。

靴の収納にも便利な紙箱の活用方法

靴の収納にも便利な紙箱の活用方法

シークレットインソール インヒール シークレットシューズ 背が高くなる靴

比べるだけでも楽しくなる紙箱を

普段何気なく使われている箱でも、よく見ると魅力があるものがあります。デザインひとつをとってみても、さまざまな工夫がなされている美しいものがあるでしょう。どういった工夫がなされているかを比較してみるのも面白く、興味深いものがあります。

紙箱は、単にデザインが美しいだけはなく、重量が軽いので収納にも大活躍してくれます。実際に紙箱は、いろいろなものの収納に利用されているでしょう。種類も多く、通販でも簡単に手に入るようになりました。購入したものにちょっとした工夫をすることで、非常に楽しい使い方もできるようになります。特に通販での購入だと、色のトーンやデザインなどを統一することが可能です。インテリアとして考えると、統一感を持たせることで美しく飾ることができます。逆にカラフルにしてみると、非常にポップなイメージを作ることが可能です。楽しく飾ることができるので、子供部屋などにはぴったりのイメージではないでしょうか。

紙箱の構造を見てみると、シンプルな作りになっていることがわかります。デザインでいろいろと楽しませてくれますが、金属やプラスチックに比べて高い強度があるわけではありませんが、軽量で手軽なのが持ち味です。加工自体もしやすく、デコレーションも容易で種類やサイズも様々なので、収納にうまく使うことを考えてみるといいでしょう。

かたちを考えてうまく利用していく

収納に使うということを考えると、紙箱の形状も重要になってきます。四角い箱であれば、空間を無駄にせずきれいに並べることができますが、どこから中身を入れるのかということは考慮した方がいいでしょう。すべての面が閉じられているデザインであれば、だいたいのものは上側から開けることになります。そうなると、積み重ねてしまうと取り出しが難しくなってしまいます。そういった場合は引き出すタイプにしておけば、重ねても利用しやすくなります。あまり強度はないので、重量をかけ過ぎると変形してしまうことも出てきますから、重さも考えて収納していけばかなり便利に使えます。CDやDVDの収納、あるいはゲームなどのソフトの整理にも向いています。積み重ねるということでは、同じサイズで、ふたつきのものを選ぶのもいいでしょう。中身がわかるように分類で色を変えたりしておけば、分かりやすく便利です。同じサイズで重ねておけば、機能的なだけでなく見た目も美しいのでおすすめです。下の箱を引き出しても位置が崩れたりすることもなく、安定感があります。

靴などの取り出す機会が多いものも、こうした管理をしておくと便利です。ただ、サイズを統一すると、取り出しても戻しやすい代わりに、中に入っているものがわかりにくくなるため、正面の部分にどんな靴が入っているのかを記入しておくと、より機能的になります。

木製の棚を利用して、同じようなサイズの紙箱を入れるというのもひとつの方法です。この方法であれば、より安定感が増し位置が崩れたりすることもありません。引き出し型のものでも、ふたつきでも活用がしやすく、見た目もきれいに利用していくことができます。インテリアとして考えても、かなりおしゃれにまとめることができるでしょう。中身を見せずにしまうことができるのもメリットです。

いろいろと加工ができるということ

紙箱ということで、素材上加工が簡単であるということも見逃せません。中の箱に間仕切りを入れてあげると、細かなものも収納しやすくなります。小さな箱を入れてみるというのもいいでしょう。紛失しやすい細かいものも間仕切りひとつで整理がつきやすくなります。同じような箱があれば、それを切って使うことで、色も高さも長さも統一しやすくなるため便利です。

サイズさえうまく合えば、クローゼットの中に入れることで、おさまりにくい服もきれいに整理することができます。この場合には、小物とは異なり大きめの仕切りとして考えていくほうがいいでしょう。すっきり整理されたクローゼットだと洋服を選びやすくなります。子供用の服などに合わせてサイズを選ぶこともできますし、例えば赤ちゃん用の靴下には小さな箱を利用すれば、簡単に選ぶことができ、しかもかわいらしいコーナーになるでしょう。

楽しみ方として、紙であるということを忘れてはいけません。いろいろなものを張り付けやすく、加工ができるというのもポイントだからです。多くの紙箱を使うのではなく、ひとつの紙箱に気に入ったカッティングシートなどを張り付け、インテリアに合わせてみるというのもひとつでしょう。こうすることで、部屋になじみやすい収納箱にすることができます。カッティングシートだけではなく、紙テープで加工してみるのもできますし、布のシートも両面テープではることが可能です。自分で色を塗ってみるというのも紙だからこそできることでしょう。

発想次第でいくらでもイメージを広げていくことができますので、固定概念にこだわらず使っていくことが楽しむポイントです。

完全国産のシークレットシューズって実は少ない?

完全国産のシークレットシューズって実は少ない?

シークレットインソール インヒール シークレットシューズ 背が高くなる靴

皆さんはシークレットシューズをご存知でしょうか。

その名の通り周囲にばれることがなく身長を高く見せることのできるシューズなのですが実はこのシークレットシューズ、完全国産性は少ないみたいなのです。

どうして少ないのか等を含めご紹介していきます。

そもそもシークレットシューズって?

既にご存知の方が多いかとは思いますがそもそもシークレットシューズとはどういったシューズなのでしょうか。簡単にシークレットシューズとは何かをご紹介しますと、「周りには履いていることがわからないような構造になっている厚底の靴」という説明がイメージしやすいかと思います。

様々な理由で身長を高く見せたい方っていませんか?恋人がほしいけど身長が低いことがコンプレックスになってしまい自分に自信が持てず、恋愛がうまくいかないという方。はたまた、税理士さんや弁護士の方で職業柄周囲に威厳を見せつけたいにもかかわらず平均身長以下でどうしても威厳が出にくい方。結婚式などの晴れの舞台で堂々と振舞いたいが花嫁の方より身長が低く、堂々とできない方。そういった方々にお勧めのシューズとなっています。

そういった方々に共通する特徴として「身長は高く見せたいが周囲にばれずに高く見せたい」という点が挙げられるかと思います。周囲の目を気にしないのであれば単純に厚底の靴を履けばいいですもんね、しかしシークレットシューズはその構造上、身長を高く見せることができるのにもかかわらず周囲にそうだとわかりにくい構造になっているのです。

完全国産のシークレットシューズが少ない理由

「国産」という言葉を聞くと「日本で日本人の手によって作られているから高品質で丈夫で安全そう!」とイメージを持つ方はいらっしゃいませんか?反対に中国製などの文字を見かけると「大丈夫かな?すぐに壊れたりしないかな?」と思う方もいるかもしれません。 我々は「国産」という言葉のイメージにとてもいい印象を持っていると思います。

それを知ってか知らずか、製造工程の一部だけが国産で、ほとんど海外で作られているものでも「国産」を銘打って売られているケースがあるのです。

というのも一言で「国産」といってもすべての工程を日本国内で行われたことを指すのではなく「底付けが行われた生産国が国内である」靴を国産と呼んでいるのです。つまり、仕上げの前段階までの工程は海外で行い、それを輸入してきて最後の仕上げだけを国内で行ったとしても「国産」と呼べてしまうのです。これでは実質海外製のようなものなのにはたから見ると国産になってしまうのです。

単純に「国産」という言葉を鵜呑みにしてはいけませんね。

完全国産で高品質なシークレットシューズを選ぼう!

完全国産のシークレットシューズは実は少ない、ということを話してきましたが全く存在しないわけではもちろんございません。通販サイトの中にはしっかりと国内に生産工場をもち、製造工程をオープンにして安心感を与えているサイトもあります。

そういった会社で作られているシークレットシューズは安心感がありますよね。

一概に海外製だからと言って粗悪品だとはもちろん限りませんが通常の靴よりも高価であるシークレットシューズにおいては可能な限り安心して履きたいですよね。万が一設計に不備があってシークレットシューズを履いていることが周囲にばれてしまっては大変です。

そうならないためにもしっかりと完全国内生産を謳っている販売元から購入をするようにしましょう!

革靴の種類について徹底解説!外羽根式と内羽根式の違いって?

革靴の種類について徹底解説!外羽根式と内羽根式の違いって?

シークレットインソール インヒール シークレットシューズ 背が高くなる靴

一口に革靴といってもその種類は多種多様、様々なタイプのものがあります。

今回は革靴のデザインの違いの基本となる、外羽根式と内羽根式の違いについて解説いたします。

一般の人はそれぞれの違いをほとんど知らない、もしくはそもそも2種類あったの!?という方が多いかと思います。

かくいう筆者も言われてみるまで全く知りませんでした。

しかしこれらの2種類はその由来も違えば特徴も大きく異なるのです。

特徴が異なるのでお勧めの利用用途も異なってきます。

両社の違いをしっかりと踏まえ、利用するシーンにしっかりと合った革靴をチョイスしましょう!

外羽根式の特徴について

鳩目(靴ひもを通す穴)が甲の部分と合わさっておらず、甲の前の部分に乗っている革靴です。

羽根の部分が開くことから、着脱が容易で履き心地の調節がしやすいことが特徴です。 特徴から、外回りの営業マンや1日中歩き回る人など着脱の機会が多い人ほど重宝されると考えられます。

コーディネートとしては、決めすぎないカジュアルな格好が適当です。

外羽根式の由来について

シークレットインソール インヒール シークレットシューズ 背が高くなる靴

発祥は戦争です。

プロシアの陸軍元帥が編み出し、ヨーロッパの有名な戦争「ワーテルローの戦い」で使用されたことで広まったとされています。

ちなみに「ワーテルローの戦い」はナポレオンの最後の戦いと言われています。

また、鳩目の部分が競馬ゲートに類似していることから英国では「ダービー」と呼ばれ、米国では発案者の名を英語読みして「ブラッチャー」とも呼ばれたりもします。

内羽根式の特徴について

鳩目が甲の部分と合わさり、または甲より前の部分に鳩目が入り込んでいる革靴です。

見映えは清楚で上品な印象があります。このことから、結婚式やお葬式、会社の式事などのフォーマルな場でのコーディネートによく映えます。

しかし、羽根の部分が過度に開かないことから、締め付けの調整しづらいところがあります。

内羽根式の由来について

シークレットインソール インヒール シークレットシューズ 背が高くなる靴

英国の王室が発祥の場所とされています。

英国で最も輝かしい時代を創り上げたヴィクトリア女王の夫、アルバート公によって内羽根式のミドルブーツが編み出されて誕生しました。

そして、その見た目の上品さからフォーマルな場面や室内での執務の革靴として広まります。

ちなみに、内羽根式はアルバート公が好んで暮らしたスコットランドの王室御用邸に関連して、米国や英国などでは「バルモラル」と呼ばれます。

いかがでしたでしょうか。

外羽根式と内羽根式の違いについて少しでも違いが分かっていただけたら幸いでございます。

普段見た目のおしゃれさだけで選びあまり詳しくは特徴を理解されていることの少ない革靴ですがその特徴をちゃんと踏まえて自分にあった革靴を選ぶことはとても大事になってきます。

というのも、こういった特徴というのは知っている人にとっては常識であったりする場合が多くあります。そういった方と会う際に場違いな特徴の靴を履いていると、直接指摘されることはないかもしれませんが「あ、この人はあんまり靴に興味がないんだな」という印象を持たれてしまうかもしれません。そのことが一概にマイナスになるかといわれるとそうとも言い切れませんがリスクは可能であれば避けたいですよね。

マイナス面を排除するという意味でも大切ですがプラスに働くことももちろんあります。

見た目の特徴の差もありますが機能面での差も少なからずありますのでそこをしっかりと認識して場面にあった特徴の靴を履くことで快適に履きこなすことができると思います。

それぞれの特徴をしっかりと認識し、自分に合った靴を選択しましょう!

革靴のお手入れ以前に実践すべき3つの常識とは?

革靴のお手入れ以前に実践すべき3つの常識とは?

シークレットインソール インヒール シークレットシューズ 背が高くなる靴

お気に入りの革靴を良い状態で長きにわたって履くにはお手入れが大切なのは周知の事実。しかしそれ以前におさえておきたいポイントが存在します。今回は日常的に気をつけるべきポイントを3つ紹介していきます!

革靴のお手入れ以前の心がけ1
「靴ひもは脱ぎ履きの度に、結び直す」

靴ひもの果たす役割は、まさにフィット感の調整。あらゆる身体の部位の中でも、足は1日を通じて最も膨張と収縮を繰り返す部位です。靴を脱いだり履いたりする際だけでなく、履き心地に違和感を覚えたらその都度調整する習慣をもちたいですね。これによって快適な歩行が約束されるだけでなく、革靴に余計な負担をかけずに済むので長持ちしやすいというメリットも生まれます。

靴の着脱が面倒で、靴ひもをゆるめに結びっぱなしというビジネスマンが意外と多いのではないでしょうか?グローバルスタンダードにおいては「靴ひもが緩んだ状態で履くことはマナー違反、行儀が悪い行為」とされるので、外国人と仕事をされている方におかれては特に注意を払いたいポイントとなっています。

革靴のお手入れ以前の心がけ2
「必ず靴べら(シューホーン)を使って履く」

革靴を履きやすくするために存在している「あったら便利なオマケ的な扱い」を受けることが多い靴ベラ。しかしその存在意義は「履くときに靴を壊さないこと」にあり、革靴を履くには欠かせないアイテムとなっています。靴のかかと部分には「月型芯」が内蔵されており、足のかかとをしっかり固定するだけではなく、靴のシルエットを保つという重要な役割を持っています。ここが痛んでしまうと、革靴の他の部位にまで負担がかかり靴の外観や寿命を大きく損なってしまいます。

基本的に屋外はもちろん室内でも靴を履きっぱなしの西洋文化に対して、日本では室内では靴を脱ぐ文化が根強く残っています。携帯用シューホーンは日本のビジネスマンにこそ必須のアイテムだといえるでしょう。どんなに急いでいても、決してかかとを潰しながら履いてはいけません。結局は、そんな姿がビジネスパーソンとしての印象を損ねたり、靴の消耗を早め革靴の新調に余計な費用を使うことになってしまうからです。

革靴のお手入れ以前の心がけ3
「同じ靴を連日着用しない」

足裏には汗腺が密集しており、最も汗をかきやすい部位です。1日両足でコップ半分程度の汗をかくとも言われ相当な量の汗が放出されています。その湿気はソックスでは完全に吸収しきれず、当然革靴にも染み込みます。染み込んだ湿気が乾くには2,3日はかかると言われており、連日着用していると乾燥が間に合わずインソール(中敷き)やライニング(靴の内側)に湿気が溜まり、雑菌繁殖による悪臭を放つことに。さらに最悪のケース、アッパー(靴の表面)にまで湿気がたまり、カビやひび割れを起こしてしまう原因にもなってしまうのです。

できれば、丸三日、最低でも二日は休息時間を設けたいところ。土日休みで週5日働く場合、できれば3足以上の靴をローテーションする習慣をつけましょう。良質な革靴を入手する場合には初期投資がかさむものの、結果的には革靴が長持ちして経済的といえるでしょう。

いかがでしたでしょうか。

革靴を日常的に履いている人にとっては常識だったかもしれませんがまだあまり履きなれていない方にとっては少し意外だったのではないでしょうか。

上記のポイントに注意して革靴を履くことで寿命を延ばすことにもつながりますので早速あすから実践していきましょう!

革靴が蒸れるのを防ぐためには

革靴が蒸れるのを防ぐためには

シークレットインソール インヒール シークレットシューズ 背が高くなる靴

革靴って蒸れやすい?

革靴はその構造の特性上、メッシュ地のスニーカーなどとは異なり、蒸れやすくなっています。特に合皮の靴はビニールのようなものなので、靴内部はかなりの密閉空間となります。そのため夏場以外にもシーズンに関係なく汗をかいてしまい、常に湿度は100%、つまりサウナ状態のようになることがあります。本革製の革靴の場合は、合皮と比べると通気性は向上しますが、布地のスニーカーやメッシュの靴と比べると、通気性は劣ります。

靴の中が蒸れてしまうと履き心地が悪くなりますし何より気になるのが「匂い」だと思います。靴を履いている間はいいですが脱いだらもう大変ですよね、あの匂いは何とも言えない臭さだと思います。

そんな革靴を蒸れずに快適に履く方法はないのでしょうか。

今回はそんな方法をご紹介します。

通気性の良い靴を選ぼう

蒸れないように靴を履くことも重要ですが、そもそも通気性の良い革靴を選ぶことも重要となっています。

前述しました通り、合皮ではなく本革の革靴を選ぶことは最低条件です。また、内側(ライニング)の素材が抗菌・防臭・吸湿等の高機能素材であるものを選ぶと良いでしょう。通気性の良い靴を選んで、快適な革靴ライフを送れると思います。

その他の方法について

通気性のいい革靴には好きなデザインのものがない、といった方にはお手持ちの革靴を履いていく上で蒸れにくくする工夫もご紹介します。

同じ靴を連続して履かない(靴を4足以上用意する)

1日履いた靴は「絶対に」次の日履いてはいけません。一日履き続けた革靴の中の汗が、完全に除湿・乾燥し切るには「最低で」3日かかるのです。また夏の湿った季節が続くようだと、1日の汗の量と湿度の影響で更にその日数は増していきます。

足を清潔に保つ

蒸れ防止ではありませんが、ニオイ防止の観点から足を清潔に保つことは重要なのです。足の雑菌は、湿度の影響を受け増殖するため、湿度環境の対策は、ニオイの対策においても同様に重要なのです。

制汗剤・消臭剤スプレーの活用

足裏は人体の中で最も厚い皮膚で覆われています。その為、制汗剤を使っても皮膚が荒れる可能性は低いと言われています。こまめな塗布、制汗シートなどで拭き取ることも効果的といえるでしょう。

靴下は厚ければ厚いほど良い

実は足汗対策に優れているのは「分厚い靴下」。蒸れるのが嫌だからと言って、薄い靴下を履いたり、何も履かなかったりする人もいますが、実は逆効果なのです。また蒸れやすくなる原因の一つに足の指が密着していることもあるでしょう。そのため五本指ソックスだとなお良いですね。靴下の素材は吸水速乾に優れている綿100%が理想です。

靴下の替えを持っておく

最も簡単な方法なのに、意外と実践している人が少ないのが「替えの靴下を用意する」という原始的な手法。汗をかいて一番被害を受けているのは靴下。履き替えないで放置していると、常に革靴の中は湿度を保った状態になってしまうのです。

中敷きを使いこなす

サイズが合わせの目的ではなく、革靴の消臭・防菌効果を目的とした中敷きを使用しましょう。サイズ合わせのために使用する中敷きと、消臭・防菌目的の中敷きはタイプや値段なども異なるので注意が必要です。

革靴の蒸れは避けては通れない

「汗をかくな」というのは無理な話ですよね。 「汗水たらして働く」のがサラリーマンであり、また足は人体の中で最も発汗量が多い部位。しかしここに例示したように、それぞれが特別難しい対処法であるという印象は持たなかったはずです。やっている人はやっているし、技術や莫大な資金が必要なものでもありません。

足汗と向き合い、本来のビジネスに集中できるよう自分なりの対策法を固めていきましょう!

医者や弁護士にも人気なシークレットシューズ?

医者や弁護士にも人気なシークレットシューズ?

シークレットインソール インヒール シークレットシューズ 背が高くなる靴

皆さんはシークレットシューズというタイプの靴をご存知でしょうか。 少し特徴的な名前のシューズですが、そういったシューズが医者や弁護士などいわゆる「士業」を生業としている人たちにひそかに人気なのだそうです。 今回はその秘密に迫ってみます。

そもそもシークレットシューズとは?

簡単にシークレットシューズとは何かをご紹介しますと、「周りには履いていることがわからないような構造になっている厚底の靴」という説明がイメージしやすいかと思います。 様々な理由で身長を高く見せたい方っていませんか?恋人がほしいけど身長が低いことがコンプレックスになってしまい自分に自信が持てず、恋愛がうまくいかないという方。はたまた、税理士さんや弁護士の方で職業柄周囲に威厳を見せつけたいにもかかわらず平均身長以下でどうしても威厳が出にくい方。結婚式などの晴れの舞台で堂々と振舞いたいが花嫁の方より身長が低く、堂々とできない方。そういった方々にお勧めのシューズとなっています。

そういった方々に共通する特徴として「身長は高く見せたいが周囲にばれずに高く見せたい」という点が挙げられるかと思います。周囲の目を気にしないのであれば単純に厚底の靴を履けばいいですもんね、しかしシークレットシューズはその構造上、身長を高く見せることができるのにもかかわらず周囲にそうだとわかりにくい構造になっているのです。

士業の人たちでシークレットシューズがブームに!

上記で説明したようにシークレットシューズというものは周囲にばれることなく身長を高く見せることのできる優れたシューズとなっています。

士業をいうのは職業柄見た目の印象が堂々としていて、自信にあふれているように見えることが往々にして求められるかと思います。

もし、自分が何かをそういった職業の方に頼むとなった際に自信がなさげでおどおどしている先生よりも堂々と胸を張って自信満々に見える人にお願いしたくはありませんか?

元々の性格がそういう人であれば問題ありませんがなかなかそうではない人もいるかと思います。そういった方にお勧めなのがシークレットシューズなのです。

自分の身長が相手より高い、というだけで気持ち的にですが少し心に余裕が生まれませんか?相手より身長が低いと委縮してしまうケースが多いといわれています。

身長が低くてコンプレックスになっており自分に自信が持てず堂々と振舞うことのできない方がいたとしたらそういう方にはうってつけの存在だといえるでしょう。

シークレットシューズを購入するなら通販がおすすめ!

シークレットシューズを購入する手段として実際の店舗に行って購入するか、通販サイトで購入するのか2種類あるかと思いますが断然「通販サイトでの購入」をおすすめしています。

理由としては「周りにばれにくい」、「種類が豊富にある」ということです。

シークレットシューズの大前提として周囲にばれたくはないですよね。

履いている際はばれにくい構造になっていますが購入しているところを見られてはおしまいです。確率的に高くはありませんが万が一を考え、店舗での購入は避けたほうがよさそうです。

また、シークレットシューズは受注生産の形をとっているところが非常に多いです。そのため、店頭に行ったとしても自分に合うサイズがなかったり自分のイメージにぴったりのデザインのものがなかったりするかと思います。

しかし通販サイトであれば種類は豊富にありますので自分にぴったりのシークレットシューズを思う存分選ぶことができます。

いかがでしたでしょうか。士業の方々に人気の秘密が少しでもお判りいただけましたでしょうか。身長を高く見せて損をすることは少ないと思われますので身長にお悩みの方はぜひ購入をご検討してみてください。

シークレットシューズを履いて恋愛に活かそう

シークレットシューズを履いて恋愛に活かそう

シークレットインソール インヒール シークレットシューズ 背が高くなる靴

恋愛がうまくいかず、困っている男性の方はいませんか。

思うように恋愛ができないことにはいくつか要因があるかと思いますが今回はシークレットシューズを履くことで身長を高く見せ、自分に自信を持たせて恋愛を上手くいかせよう、といった記事になっております。

そもそもシークレットシューズとは?

簡単にシークレットシューズとは何かをご紹介しますと、「周りには履いていることがわからないような構造になっている厚底の靴」という説明がイメージしやすいかと思います。

様々な理由で身長を高く見せたい方っていませんか?恋人がほしいけど身長が低いことがコンプレックスになってしまい自分に自信が持てず、恋愛がうまくいかないという方。はたまた、税理士さんや弁護士の方で職業柄周囲に威厳を見せつけたいにもかかわらず平均身長以下でどうしても威厳が出にくい方。結婚式などの晴れの舞台で堂々と振舞いたいが花嫁の方より身長が低く、堂々とできない方。そういった方々にお勧めのシューズとなっています。

そういった方々に共通する特徴として「身長は高く見せたいいが周囲にばれずに高く見せたい」という点が挙げられるかと思います。周囲の目を気にしないのであれば単純に厚底の靴を履けばいいですもんね、しかしシークレットシューズはその構造上、身長を高く見せることができるのにもかかわらず周囲にそうだとわかりにくい構造になっているのです。

身長が高くなれば自信が持てるように!

恋愛がうまくいかないケースの一つとして、「自分に自信が持てなくて堂々と振舞えず、意中の人とうまくいかない」といった場合があるのではないでしょうか。

現在の日本人の成人男性の平均身長は約172センチ程度と言われています。

平均かそれ以上あれば大体の女性よりは身長も高いでしょうし、ヒールを履いた女性とも対等な状況だと思われます。

しかし、身長が160センチ台の方はどうでしょうか。筆者自身も168センチと170センチにちょっと満たないぐらいの身長なのですが少し背の高い女性にヒールを履かれてしまうと身長で抜かされてしまうことがしばしばあります。

気になる女性より身長が低いとなるとたちまち自信がなくなり堂々と振舞えなくなってはしまいませんか?自分に自信を持てない状況では相手にも感じ取られてしまいなかなか恋愛がうまくいかないのも仕方ありません。

そんな時に上記で紹介したシークレットシューズを履いてみてはいかがでしょうか。 女性に気づかれることなく身長を高く見せることが可能になります。

今まで身長が低くて自信が持てなかった人も目線が高くなり女性よりも身長が高く見えると自然に自身が湧いてくるかと思います。

自分に自信がつけば、自然と恋愛も上手く回っていくのではないでしょうか

シークレットシューズを履く際はポジティブな気持ちで!

せっかく身長を高く見せることのできるシークレットシューズですが、両刃の剣でもあります。それは、バレたらどうしようというネガティブな気持ちが態度に表れてしまうかもしれないという点です。

現在は、美脚デニムや足長スーツ等、スタイルアップを謳った製品が多く販売されております。美脚デニムを履いていても、バレたらどうしようという気持ちにはならないと思います。シークレットシューズも同様に、堂々とスタイルアップを楽しむ靴として履いて下さい。「履くことでスタイルがよく見え、足長スマートに」そんなポジティブなイメージで自信を持って堂々と履いて下さい。

シークレットシューズに慣れないうちは歩きにくく感じてしまいぎこちなくなり歩き方が不自然になってしまうことがありえます。歩き方が不自然だとせっかくのスタイルアップも台無しです。しっかりと慣らして、普段と変わらず歩けるようになってから自信を持って履くようにしましょう。

いかがでしたか?

身長にコンプレックスを感じていてそのことが原因で恋愛がうまくいかない方は一度試してみてもいいかもしれませんね。

シークレットシューズをばれずに履く方法とは!

シークレットシューズをばれずに履く方法とは!

シークレットインソール インヒール シークレットシューズ 背が高くなる靴

この記事をご覧になっている方はシークレットシューズを履いている、もしくは購入を検討している方だと思いますがやはりばれたくありませんよね。この記事ではなるべくばれずにシークレットシューズを履く方法についてご紹介します。

あまり高すぎるサイズアップの靴は選ばない

一つ目のポイントがこちらになります。

シークレットシューズを履いてなるべく身長を高く見せたい気持ちはわかりますが10センチアップ以上の靴はなるべくなら選ばないようにしましょう。シークレットシューズを履くことになれている人ならいいですがそうでない人は避けたほうがいいです。

というのも10センチもサイズアップする靴となると当然ですがその分かかとが高くなってしまいます。かかとは高い状態にあるのにつま先は低くなっているため靴の内部で高低差が生じてしまいまともに歩けない恐れがあります。

歩き方が不自然になってしまうと周囲からも怪しく思われてしまい、「あれ、もしかしてシークレットシューズ履いてる??」となってしまいかねません。

そうならないためにもシークレットシューズを履いている間はなるべく違和感なく歩けるようにしましょう。

いきなり10センチ以上のものを選ぶのではなく慣れるまでは5センチ以内にとどめるといいかもしれません。

黒色のインソールを重ねて履く

シークレットシューズをばれないようにするためには履いている間についつい意識が行きがちですが脱いだ際にも注意が必要となるのです。

そもそもシークレットシューズを履いている場合は自宅以外の場所ではなかなか脱ぐことはないかもしれません。しかし、急に座敷のお店に入らなくてはいけなくなってしまうケースなど可能性が0だとは言えないと思います。

そういった際に気を付けなくてはいけないポイントが脱いだ後のシークレットシューズです。シークレットシューズは履いている姿を見てもなるべく周囲にばれないような工夫が施されていますが脱いだ状態で上から見るとその特殊な構造から気づかれてしまう可能性が高いです。

そういったことを防ぐためにも飲食の予定があったり最初から座敷のあるお店に行くことが分かっている場合は黒いインソールを重ねましょう。

黒いインソールを重ねることで上から見ても内部の構造がぱっと見わからなくなるのです。 その分靴の内部が狭くなってしまい歩いている際は窮屈に感じてしまうこともあるかと思いますのでインソールはなるべく薄いサイズを選びましょう。“黒い“インソールというように色を強調していますがもちろんシークレットシューズの色に合うものにしましょう。黒いシューズが多いと思いますので一般的には黒いインソールが効果的なだけであって茶色めのシューズであればそれに合った、茶色いインソールを選択しましょう。

脱いでもばれにくい構造になっているものを選ぼう

上記のようにシークレットシューズ内でインソールを重ね履きすれば一見上から見ても違和感は少ないかもしれませんがやはり歩きにくさや窮屈感はどうしても生じてしまうでしょう。

そういった点が気になる方は元々視覚的にばれにくい構造になっているシューズを選ぶようにしましょう。

例を挙げますとマジックインソールと呼ばれる光学理論に基づいた視覚効果により脱いだ時に上げ底であることが気づきにくい仕組みになっているシューズもあるそうです。

万が一、シューズを脱いだ際にばれてしまう可能性を少しでも下げるためにもそういった構造になっているシューズを選んだほうがよさそうですね。

せっかくシークレットシューズを履くのであれば上記の点を意識してなるべくばれにくいような工夫を施しましょう。

シークレットシューズは店舗で買うべき?

シークレットシューズは店舗で買うべき?

シークレットインソール インヒール シークレットシューズ 背が高くなる靴

実店舗でシークレットシューズを取り扱っている店舗はあまりない。

シークレットシューズの購入する方にとってどこで購入するのか、選択肢は二つあるかと思います。それは「実店舗」で購入するか「通販サイト」で購入するかです。 どちらもメリットデメリットはありますが一般的には実店舗でのシークレットシューズの購入はあまりお勧めできません。

というのも実店舗での販売においては「取扱店舗が少ない」、「知人に見られる恐れがある」、「扱っている種類が少ない」といった理由が挙げられます。

まず、取扱店舗が少ないという理由ですがシークレットシューズの多くは大量生産されているものではない場合が多いです。その性質上日常的にどんどん売れるものではありませんのでメーカーも店舗も在庫を抱えておくにはリスクのある商材なのです。したがって注文があった段階で生産を始める、受注生産性や少ロット生産が多くなっています。それゆえ、店舗で取り扱っている数はどうしても少なくなってしまいます。これは、扱っている種類が少ないという理由にも共通していますね。

もう一つの理由ですがこちらも重要な要素の一つだと思います。実店舗だとどうしても店舗に足を運ばないといけないですよね。可能性としてはまれだと思いますが購入している姿を知人に見られてしまう恐れがあります。シークレットシューズはその名の通り周囲に履いていることがばれにくい性質を持っていて、購入する方も周囲にばれずにこっそり身長を高く見せたいという目的があるかと思います。そんな思惑なのに購入しているところを知人に見られては一巻の終わりですよね。

といったような理由からシークレットシューズを実店舗で購入することはあまりお勧めできません。

シークレットシューズを購入するには通販を活用しよう。

シークレットシューズを購入する際は実店舗で購入するのではなく通販サイトで購入するようにしましょう。こちらもいくつか理由があるのですが先ほどの実店舗で購入する際のデメリットが全てメリットに代わっているからです。

取り扱っているサイト自体も多いですが一つのサイトで取り扱っているシューズの種類もとても豊富になっています。また、ネット通販で購入するため購入しているところを知人に見られるといった心配もございません。

配送の際に家族や同居人に気づかれることを心配される方もいらっしゃるかと思いますが配送に関しても周囲への気配りでそれとわかりにくいような梱包をしてくれるサイトもございます。

デメリットとしては実際に履くことができないといったことが挙げられそうです。しかし、通販で商品を購入する際は、その他の商品もすべて共通ですよね。

どこのサイトで選べばいいか

それでは数多くある通販サイトの中からどこで購入すればよいのでしょうか。通販サイトを選ぶうえでいくつか基準をご紹介させていただきます。

一つ目は「試し履きができるかどうか」です。前述した中で通販サイトでは試し履きをすることができないというデメリットがあります、と述べましたが、一部の通販サイトではなんと試し履きシステムがある通販サイトがあるのです。

シークレットシューズは靴であることに違いはないので履く頻度は普通の靴より少ないかもしれませんが、自分の足に合ったものを選びたいですよね。実際に履いてみないとわからないと思いますので試し履きの有無は大きいと思います。ぜひ、試し履きが可能なサイトで選ぶようにしましょう。

次に重要な点として構造がしっかりしているかどうかという点が挙げられます。

シークレットシューズは当然ですが通常の靴とは異なり特別な構造をしています。そのため、やや歩きにくかったり、履いていて足が痛くなってしまうケースも通常の靴より多いといえるでしょう。そんな中でしっかりとした構造になっている靴を買いたいですよね。それを見極めるポイントとして、生産工場の情報が載っているかどうかという点に注目してみるといいかもしれません。自社で工場を持っている場合なんかは信頼度が高いですね。 明記していないサイトは少し注意したほうがいいかもしれません。

また、日本製の商品を扱っているかどうかも一つのポイントです。足の形は人種によって特徴があります。日本人の足は、欧米人の足と比べると、幅広で甲高な場合が多く、日本人向けに作られているシークレットシューズの方が、履きやすいと言えるでしょう。

シークレットシューズのサイズについて、自分の足に合ったものを選ぼう

シークレットシューズのサイズについて、自分の足に合ったものを選ぼう

シークレットインソール インヒール シークレットシューズ 背が高くなる靴

シークレットシューズが欲しいなと思っていても「どれぐらいのサイズを選んだらいいんだろう、何センチアップのモノを選べばいいんだろう」と不安に感じる方はいらっしゃいませんか?そんな方のために、今回はサイズ選びをする上で気を付けたいポイントなどをご紹介します。

靴のサイズはどうすれば?

普通に靴を購入するときもそうですが一番気になるのはサイズですよね。普通に店舗で購入する際は実際に試し履きをして少し歩いてみればどのサイズがぴったりか簡単にわかりますがシークレットシューズに関しては通販で購入するケースが多いかと思います。試し履きを行っている通販サイトもありますが試し履きができないサイトもありますので可能な限り、自分にぴったりのサイズを試し履きせずに選びたいですよね。

革靴は履いていくうちに革が伸びていくので小さめのサイズの方がちょうどいいサイズになっていきます。しかし気を付けなくてはいけないポイントがあります。それは、シークレットシューズの種類によっては、インヒールが内蔵されているため通常の靴に比べて足の甲が圧迫される場合があるという点です。業者によっては、通常の一般靴に厚みのあるインヒールを入れてシークレットシューズとうたって販売している業者もあります。そういったシークレットシューズの場合は、甲が窮屈になり、履き口の深さが浅くなってしまうので、大きめのサイズを選ぶように記載しているような場合もあります。

一方、きちんとしたシークレットシューズメーカーは、厚みのあるインソールを入れた状態での足入れを考えて、木型から考えられ、企画されています。そういったメーカーのシークレットシューズは、かかとの深さも十分であり、甲の高さも窮屈になることはありません。シークレットシューズのサイズを選ぶ際には、シークレットシューズとして一から企画されている商品かどうかが一つのポイントとなります。

スニーカーとビジネスシューズではサイズ表記が異なります。

シークレットシューズを選ぶ方法としてビジネスシューズを選ぶ際のサイズを参考にするという手があります。ほとんどのスニーカーには、つま先の捨て寸という、余裕寸法が設定されていません。そのため、スニーカーのサイズは、実際の足の長さプラス、1cmか1.5cm大きなサイズを買わないと、つま先が窮屈になる傾向があります。一方、革靴の場合はデザインにもよりますが、ほとんどの靴のつま先に、捨て寸(必要な余裕寸法)が用意されています。日本製の革靴は「足入れサイズ」つまり、「何センチの足の長さの人の足が入ります」ということを示していますので、スニーカーとはサイズ表記が異なることをご理解ください。

日本製のシークレットシューズの構造は一般の靴よりビジネスシューズに近いため、ビジネスシューズのサイズを参考に選ぶことはとても有効です。

何センチアップのモノを選べば良いのか

シークレットシューズを購入する際に気になるのはサイズ以外に「何センチアップのモノを買えばいいか」という点だと思います。おそらくシークレットシューズの購入を検討したことがある人なら一度はみな考えることだと思います。シークレットシューズには1,2センチだけ身長を高くするものから、10センチ以上高くなる靴まで多くのサイズがあります。 単純に今の自分の身長から逆算して何センチぐらいになりたいから何センチアップのものを買えばいいか考えたら良いと思うかもしれませんがシークレットシューズ初心者の方はいきなり7センチ以上のサイズアップは避けたほうがいいでしょう。

というのも、シークレットシューズは普通の靴に比べて歩きにくいことが多いのです。きちんと企画されたモノであれば歩きやすい設計にもなっていますが、とはいえ普通の靴よりは歩きにくくなってしまいます。歩き方が不自然だと周りの人に怪しまれてしまい、シークレットシューズを履いていることがばれてしまいかねませんよね。そうならないためにもシークレットシューズ初心者の方はまずは5センチ程度のアップのモノから購入することをお勧めします。

それぐらいのサイズのものを履いて慣れてきたらより高いサイズアップに挑戦していきましょう!

シークレットシューズって最大何センチまでサイズアップできるの?

シークレットシューズって最大何センチまでサイズアップできるの?

シークレットインソール インヒール シークレットシューズ 背が高くなる靴

シークレットシューズとは

この記事を見ている方はシークレットシューズという言葉はすでにご存じの方が多いと思います。簡単にシークレットシューズとは何かをご紹介しますと、「周りには身長アップシューズを履いていることがわからないような構造になっている厚底の靴」という説明がイメージしやすいかと思います。

様々な理由で身長を高く見せたい方っていませんか?恋人がほしいけど身長が低いことがコンプレックスになってしまい自分に自信が持てず、恋愛がうまくいかないという方。また、税理士さんや弁護士の方で職業柄周囲に威厳を見せつけたいにもかかわらず平均身長以下でどうしても威厳が出にくい方。結婚式などの晴れの舞台で堂々と振舞いたいが花嫁の方より身長が低く、堂々とできない方。そういった方々にお勧めのシューズとなっています。

そういった方々に共通する特徴として「身長は高く見せたいが周囲にばれずに高く見せたい」という点が挙げられるかと思います。周囲の目を気にしないのであれば単純に厚底の靴を履けばいいですもんね、しかしシークレットシューズはその構造上、身長を高く見せることができるのにもかかわらず周囲にそうだとわかりにくい構造になっているのです。

シークレットシューズで最大何センチサイズアップできるの?

シークレットシューズの購入を検討している方なら一度は気になるだろうこの疑問ですがいったい最大で何センチ身長を高く見せることができるのでしょうか。

シークレットシューズもピンキリでして、それほどアップ効果がわかりにくいものであれば1,2センチアップのモノからなんと、15センチ近くサイズアップをすることができるものまで存在するみたいです。

15センチもアップするとなると、160センチだった人は175センチに、170センチあった人はなんと185センチにまでサイズアップをすることが可能になるのです。 そう考えると15センチのサイズアップというのは恐ろしいですね。いきなり履くと、周りの人に気付かれる可能性が高いですね。

しかし、身長を上げたいからと言っていきなり10センチ以上のサイズアップができるシークレットシューズを選ぶべきなのでしょうか。

いきなり高いシークレットシューズは選ばない方がいい!

一般論としましてはシークレットシューズを購入したことのない方がいきなり10センチ以上サイズアップすることのできるシューズを購入することはお勧めできません。

理由としては「歩きにくい」、「周囲にばれやすい」といったものが挙げられます。

1つ目の理由ですがシークレットシューズはその構造上、どうしてもかかとが高くつま先にいくにしたがって低くなっていく構造になっています。2,3センチぐらいのサイズアップのシューズであればそこまで気にならないかもしれませんがこれが10センチ以上となるととても違和感が生じてしまいます。かなりつま先立ちに近い形で歩くことになってしまいますのでとても歩きにくそうですよね。女性の方でも10センチ以上のハイヒールを履くと足が痛くなったりこけやすくなったりします。また、足の変形につながる場合もあります。 歩きにくいということは歩き方が不自然になってしまいますよね。ただでさえ普段より身長が高く見えることから怪しまれてもおかしくない状況なのにそこに拍車をかけるように不自然な歩き方をしていると、「あ、この人もしかしてシークレットシューズ履いている?」となってもおかしくありません。シークレットシューズの購入を何度も行ったことがある人でしたら慣れていると思うので高いものを購入してもいいとは思いますがシークレットシューズ初心者の方はまずはあまり高くないものから選ぶようにしましょう。

また、選ぶ場合は、足の健康を考え、履き心地を重視したシークレットシューズを製作しているメーカーのものを選びましょう。

シークレットインソールとは?

シークレットインソールとは

シークレットインソール インヒール シークレットシューズ 背が高くなる靴

シークレットインソールって何?

皆さんは「シークレットインソール」という言葉を耳にしたことはありますでしょうか。多くの人は聞いたことがあまりないワードかもしれませんね。しかし、身長にお悩みの方やコンプレックスを抱えている方は聞いたことがあるのではないでしょうか。そう、「シークレットインソール」とは身長を高く見せることのできるアイテムなのです。

シークレットインソールとはその名の通りで傍目からは分からないインソールのことであるり、1,2センチ程度の厚みのモノから6,7センチという分厚いものまで豊富な種類があります。このシークレットインソールを靴の中に仕込み、上から履くことによって周りにばれずに身長を高く見せることができるのです。身長を伸ばしたいけどシークレットブーツでは種類が少なかったり周りにばれやすいのではないかという心配がある方に人気があるそうです。今回の記事ではそんなシークレットインソールの効果的な履き方や選び方などをご紹介します。

シークレットインソールの効果的な履き方

シークレットブーツなどよりは比較的簡単に身長を高く見せることのできるシークレットインソールですがせっかくなら効果的に履きたいですよね。「え、靴の中に入れるだけじゃないの?」と思う方もいるかと思いますがそうではないのです。身長を高く見せたいだけであればそれでも問題はないのですが「シークレット」と名がついているだけあっていかに周りにばれないかという点も重要になってきます。その点も含めて効果的に履きたいですよね。

シークレットインソールは通常どんな種類の靴であっても使用できるように幅がかなり狭めに作られているケースが多いです。普通に履く分にはそんなに問題ではないのですが靴を脱いだ時はどうでしょう。座敷のレストランや居酒屋に入った際はどうしても靴を脱ぐシーンも出てきますよね。そういった際に靴の中にシークレットインソールが入っていた時に幅がかなり狭くなっているのでちらりと周りの人に見られた時に違和感がどうしても生じてしまう可能性があるのです。ではどのように解決するかというと簡単です。目立たない黒無地の一般のインソールを上からかぶせるのです。靴の中にインソールを2枚入れることになるので履いていて多少は違和感があるかもしれませんが靴を脱いでも周りから見える部分は普通のインソールなのでばれることはほぼないといえるでしょう。

このように周りからもばれないような工夫をし、効果的に身長を高く見せましょう。

シークレットインソールの選び方

そんなシークレットインソールですが種類が多いためどれを履いたらいいか悩む方もいるのではないでしょうか。選ぶうえでのコツをご紹介します。

第一に考えないといけないことは「何センチアップさせるのか、足に合うかどうか」ということです。当たり前のように思うかもしれませんが何センチアップさせたいか決めないまま選んでいてもかなりの数があるため絞ることが難しいでしょう。シークレットインソールに慣れていない人は最初慣れるためにも1,2センチのモノから履くようにしましょう。5,6センチアップのインソールは魅力的ではありますが慣れていない人は非常に歩きにくいと思います。

通常の靴は6〜8cm程度のかかとの深さしかありません。そこに分厚いシークレットインソールを入れると、かかとがかなり浅くなってしまい、脱げやすくなります。また、インソールの厚み分、甲の部分も窮屈になりますので、足幅の細い型には向きますが、甲高や足幅のある方には不向きです。インソールを入れた状態の足入れを考えて企画されたシークレットシューズが履きやすいのはそのためです。

あとは目立ちにくい色のものをお勧めします。黒や灰色、履く靴にフィットした色がいいですね。

また、この他にも重要なのは裁断可能なフリーサイズのものを選ぶということです。普段履く靴にフィットしないと歩きにくくなり、ばれる危険性も大きくなるでしょう。そのため、インソール自体を裁断し、靴に合わせることのできるものが絶対条件です。 自分に合ったシークレットインソールを見つけ、誰にも気づかれずに身長を高く見せましょう!

身長をアップさせるには靴を活用しよう!

身長をアップさせるには靴を活用しよう!

身長 アップ シークレットシューズ 背が高くなる靴

身長をアップさせるには

皆さんは身長を高くしたいと思ったことはありませんか?私はあります。というか常に思っていました。両親の遺伝なのか生まれつき身長が低く小学校や中学校などで背の順に並ぶときなどは基本的に一番前か2番目という身長の低さでした。そんな私は身長が低いことがコンプレックスになってしまい身長を高くしたい!と強く思うようになりました。身長を高くさせるためにいろいろと自分なりに調べたりもしてきました。身長を伸ばすには睡眠が大切だったり、野菜をいっぱい食べるであったり、牛乳をいっぱい飲む、といった説もありました。しかし片っ端から試しては見たのですがどれも効果があまり出ず身長が伸びることはとうとう大学生になってもありませんでした。大学生にもなると周りの目を意識するようになり身長を高く見せておしゃれをしたいと思うようになりました。そんな中で見つけたのがシークレットシューズの存在です。この記事を読んでいる方はすでにシークレットシューズのことは当たり前に知っていると思いますが私にとっては衝撃でした。靴を履くだけで身長が高くなるのですもんね。願ったり叶ったりだと思いました。

シークレットシューズとの出会い

私がシークレットシューズに出会ったのは大学生の時でした。当時は今と違ってスマートフォンなんて存在していませんでしたし、インターネットも今ほど普及していませんでした。ですのでシークレットシューズというものもそこまで一般的に知られているものではなかったのです。そんな私がシークレットシューズの存在を知ったのはファッション雑誌をパラパラっと見ている時でした。こんな広告文が目に留まったのです。「身長でお悩みの男性はいませんか?」と。怪しげなサプリメントの広告かと思いましたがよく見るとシークレットシューズを履くことで背を高く見せるというものだったのです。当時の私はどのようにして自分の身長を高く見せるかということだけを考えていたので道具を用いて高く見せるという考えは抜け落ちていたのです。考えてみれば一番手っ取り早い方法ではあったんですけどね。小さいころから身長について悩んでいた私はすぐにその広告に飛びつき注文をしました。当時のシークレットシューズは今とは違って少々値が張るものでしたがお金で身長が買えるのであれば安いものです。シークレットシューズが届くのを今か今かと待っていたのを覚えています。

シークレットシューズを履いて自信がついた

そんなこんなで初めてシークレットシューズを手にした私でしたが居てもたってもいられずすぐに試し履きを行いました。詳しいサイズは覚えていませんが確か5僖▲奪廚離轡紂璽困世辰燭隼廚い泙后今とは違ってあまりおしゃれな見た目ではなかったですし、注意深く見ればちょっと違和感のある形だったかもしれません。それでもシューズを履いていつもとは違った目線になった自分を感じてなんだか自身がついたように感じたことは今でも覚えています。今まで身長が低いことがコンプレックスだったため、どうせ自分なんか、身長が高い人には勝てないんだ、とかといったネガティブな考えが多かったように思います。しかし、人並みではありますが身長が高くなったことをきっかけに周りの目が気にならなくなり自信があふれてきたのです。少しオーバーに感じるかもしませんがそれぐらい私にとって身長が高くなるというのは大きいことだったのです。それからはシークレットシューズは私にとって欠かせない存在になっています。今では昔と違っておしゃれなシューズだったりじっくり見ても外見ではシークレットシューズには見えない精巧なものも多く存在しています。私のように身長が小さいことに悩んでいる人は靴を活用して身長を高く見せるのも一つの手段かもしれませんね。

メンズ用のシークレットシューズを履いておしゃれになろう!

メンズ用のシークレットシューズを履いておしゃれになろう!

メンズ シークレットシューズ 背が高くなる靴

身長を高く見せるにはシークレットシューズがおすすめ!

シークレットシューズって聞いたことありますか?

シークレットなシューズであることは名前を見ただけでもわかるかと思います。では何がシークレットなのでしょうか。「身長を高く見せる」という点がシークレットなのです。身長が高く見える靴である一方、周りから靴を見ているだけではそういった構造になっていることがわからないシューズを指します。身長を高く見せたいけど周りの人にばれたくない、そういったケースはあると思います。そんな時にシークレットシューズはぴったりです。+5僂妨える靴やモノによっては+7僂妨えるものもございます。7僂眇板垢高く見えればだいぶ違いますよね。身長が低いと悩んでいる方も7僖▲奪廚垢譴仍覲Δ睚僂錣蠎分に自信が持てるはずです。また、足も長く見えることからファッションも今まで以上に楽しめることになるかもしれません。少しでも身長が低いことでコンプレックスを抱いている方はこれを機にぜひシークレットシューズを購入してみませんか?

シークレットシューズはこういったシーンにお勧め!

シークレットシューズを履くシーンですが無難なのはデートの際ですよね。気になる女の子とデートする際に自分の身長がいつもより高いことで自信も溢れ、おしゃれさも増すので女の子もいつもより好印象を抱くかもしれません。

デート以外でもビジネス等の勝負の場では積極的に履いていきましょう。

また、どうせシークレットシューズを履くのであれば普段は履けないような、丈が長くてシュッとして見えるズボンも合わせてみるといいかもしれません。ブーツタイプのシークレットシューズなんかにはぴったりですよね。

また、意外かもしれませんが結婚式でシークレットシューズを活用するケースも最近では多いんです。結婚式といえば花嫁の人がおしゃれに着飾ってきらびやかな格好になることに目が行きがちですが男性もいつもよりおしゃれをして格好をつけたいですよね。そんな時にシークレットシューズがおすすめなのです。シークレットシューズを履くことでいつもより数竸板垢高くなりますよね。それによって女性よりも少し身長が高く見えてバランスのいいカップルに見えるでしょう。また、いつもなら着ないようなおしゃれなタキシードも身長が高く、足が長く見えたほうがお似合いのケースが多いです。一世一代の大一番の結婚式こそ身長を高く見せて周りに格好いい姿を見せたいですよね。

シークレットシューズを履く際に気を付けたいこと

そんなシークレットシューズですがいざという時に履く場合は気をつけなきゃいけない点があります。それは履いて歩くことに事前に慣れておくことです。シークレットシューズはその構造の特性上、どうしても履いて歩く際はつま先立ちに近い形になってしまいます。 最近のシューズは高性能なものも多く、歩きやすいモデルが多くなってはいますが初めて履く人にとっては慣れていないので少しぎこちない歩き方になってしまう可能性があります。晴れの舞台にぎこちない歩き方ではせっかく身長が高く見えても格好がつかないですよね。そうならないためにも少し早めにシューズを購入しておいて歩き慣らしておくことが大切になってきます。1週間も履いて外出をすれば慣れるかと思います。格好良く履きこなしておしゃれなメンズになりましょう。

シークレットブーツっていったい何?

シークレットブーツっていったい何?

シークレットブーツ インスタ映え シークレットシューズ 背が高くなる靴

シークレットブーツ=シークレットシューズともいいます。

シークレットブーツは広義にシークレットシューズの一種であることを指す場合とシークレットシューズそのものを呼ぶ場合の二パターンあるかと思います。どちらもあまり大差はないのですがシークレットシューズの中のブーツタイプをシークレットブーツと呼ぶケースが一般的かもしれません。

シークレットシューズとは身長を高く見せる効果がありなおかつ、シークレットという名の通り周りの人にそれがばれにくい構造になっているシューズのことを指します。身長を高く見せたいけど女性がヒールを履くようにあからさまに身長を高く見せているようには見られたくない、そんな身長が低いことに悩んでいるメンズのために考案されたシューズであるといえるでしょう。

最近では結婚式の場で履くケースがあったりビジネスのシーンなんかでも履かれるケースが増えてきています。流行りの「インスタ映え」のために、足が長く見えるようにシークレットシューズをファッションとして履いていらっしゃる方も多いようです。 かなり一般的に普及されてきたのではないでしょうか。

シークレットブーツはどこで手に入るの?

シークレットブーツは普通の製靴店にはおいていないケースが多いです。通常のチェーン店やシューズショップにはなかなかおいていないでしょう。それ専門の店舗で購入するかネット通販で購入するケースが一般的です。種類の豊富さ、取扱店舗の少なさからネット通販で購入することをお勧めします。ネット通販であれば色々なショップを比較して自分にピッタリな靴を見つけ出すことも可能ですし、同じような商品であっても値段が多少違うケースもあるでしょう。しかし、試し履きが購入時点ではできないことには注意が必要です。靴等のファッション用品を購入する際は試着をするケースが一般的だと思います。試着はしないまでも鏡の前で身体に当ててみて似合うかなーと吟味する方もいらっしゃいますよね。

しかし、ネット通販ではそれができないのです。靴という特性上自分の足にしっかりと合った商品を選ばないと靴擦れを起こしてしまったりといった可能性がございますのでよく選ぶことがとても重要になってきます。そういった意味でも商品に関する情報や、靴の選び方、ユーザーの実際の評価の口コミなどが豊富に載っているサイトを選択するといいでしょう。その方が失敗する可能性を減らすことができます。また、返品可能かどうかもチェックポイントの1つになりますね。

シークレットブーツをおしゃれに履きこなそう。

せっかくシークレットブーツを購入して身長を高く見せるのですからどうせならおしゃれに履きこなしたいですよね。そうなると自分に似合ったシューズをチョイスすることももちろん大切ですがシューズにあったファッションを選ぶことも同様に重要になってきます。例えばですが夏場とかで薄着で半ズボンなんかの場合にブーツを履いていると少しミスマッチな気がしてしまいますよね。なのでブーツタイプのシューズを履く際は半ズボンではなくしっかりと丈の長さのあるズボンを選択しましょう。また、ブーツを履くことで足元にやや重厚感がどうしても出てしまいます。ですので、それにマッチするような、あまりラフ過ぎない恰好がいいでしょう。シークレットブーツをおしゃれに履きこなして身も心もおしゃれになりたいですね。

シークレットスニーカーとは?

シークレットスニーカーとは?

シークレットスニーカー 背が高くなる靴

シークレットシューズではなくスニーカー?

皆さんはシークレットスニーカーというものを聞いたことはありますか?

背が高く見える靴背が高くなる靴」といえば真っ先に思い浮かぶのはシークレットシューズだと思います。 シークレットシューズと言えばブーツタイプのものが多く、普段からブーツを履いている人は違和感なく履きこなすことができますがそうでない人にとっては少し履きづらくなってしまうかもしれません。

私も普段はブーツをあまり履くことがないため、ブーツタイプのシークレットシューズはちょっと遠慮してしまいます。同じような人も多いのではないでしょうか。いつもはスニーカーを履いている人がブーツを履いていると「あれ?」と周りの人に思われてしまうかもしれませんよね。怪しまれてしまうようではシークレットの意味を成しません。そういった中で最近ではブーツ型ではなくスニーカータイプのシークレットシューズが出てきているそうです。

スニーカータイプでも背が高く見えるの?

ブーツタイプのシークレットシューズが一般的であるため、スニーカータイプのシークレットシューズと言われてもピンとこない人が多いかもしれません。筆者も正直最初は「スニーカータイプのシークレットシューズなんて存在するの?」と思っていました。しかし、最近ではそういった種類のシューズが増えてきているそうです。普段からスニーカーばかりを履く人にとっては朗報かもしれませんね。ブーツタイプではないため、10僖▲奪廚箸といったようにかなり身長が高く見えるタイプのものはあまりないようですが5僖▲奪廾未任△譴侈簑蠅覆履けるそうです。それだけでも身長が高く見えるのならうれしいですよね。靴の構造は基本的にブーツタイプのものと変わらず、つま先からかかとに行くつれて底が上がっていく構造になっています。ブーツタイプと違うのは靴底が基本的には平らになっているのであまり厚みを持たせることができない点です。ですので違和感のないレベルの高さにしかできないため、高くても5僖▲奪廚阿蕕い砲覆辰討靴泙Δ修Δ任后

スニーカータイプのシークレットシューズをおしゃれに履きこなそう

普段からブーツをあまりはかない人にとってはブーツタイプのシークレットシューズは履きにくいのは最初に伝えましたがそれ以外にも季節が要因でブーツを履きにくいことはあると思います。秋や冬であれば、衣服自体がどちらかというと重厚感のあるデザインになっているものが多いためブーツにマッチしますよね。しかし、春や夏になってくるとどうしても薄着になっていきブーツだとちょっとバランス的に合わない、といったケースもあるかと思います。半ズボンにブーツを合わせるのはなかなか至難の業ですよね。

そんな時にはスニーカータイプのシークレットシューズの出番です。スニーカーであれば薄着や半ズボンにも合わせやすいですし違和感もほとんどないと思います。シークレットシューズはブーツタイプしかないから秋や冬はいいけど春夏には履けないから困ったな、という経験がある人にはスニーカータイプのシークレットシューズはおすすめです。

また、あまり高さのないものも多いため初めてシークレットシューズを履く方にもおすすめです。最初から高い靴を選んでしまうと歩きにくいですもんね。歩きにくい状態では周りの人に怪しまれてしまいシークレットの意味を果たせなくなってしまいます。そういった意味で、スニーカータイプのシークレットシューズは履きなれていない方にお勧めできると言えます。

シークレットシューズは通販で買おう

シークレットシューズは通販で買おう

シークレットシューズ 背が高くなる靴 通販 ネット

シークレットシューズはあまり店頭には売っていない?

シークレットシューズを買おうと思ったことがある方はいますか?

身長を高く見せたい、結婚式でタキシードの似合うように背を高く見せたい、医者や弁護士の方で威厳を見せたい、といった理由で購入を考える方はいらっしゃるかと思います。 しかし、シークレットシューズを店頭で見かける事ってあまりありませんよね?そうなのです。シークレットシューズは一般のシューズ店では取り扱っていないことが多いのです。ですのでシークレットシューズを購入するには専門店に行くか通販などのネットで買うしか方法はありません。

都心に住んでいる方は直接店頭に行ったほうが実際に自分の足に合うシューズを買うことができますしあれこれ手に取って選ぶことができるかと思いますが都心から離れるとなかなかシークレットシューズ専門店はないと思います。

そもそもシークレットシューズ自体、通常のシューズと違ってニーズがそこまで多いものではないケースがあるため受注生産が多いのでネット通販の形式をとっているケースが多いです。したがって店頭で購入することができるのは都心部などに限られてしまうのです。

店頭にないのであれば通販で購入しよう

店頭にあまりないのであればどうやって購入しますか?

都心部に知人がいれば代わりに買って送ってもらうこともできますがそもそもシークレットシューズはあまり人にばれずに身長を高くしたい人が購入するケースが多いため、誰かに買ってもらうといった手段は使いづらいかと思います。そんな方はネット通販で買いましょう。シークレットシューズを扱っている通販サイトは実は最近は増えているのです。先ほども書いたようにシークレットシューズは受注生産を行っているところが多いため店頭で在庫を抱えてしまうと売れないリスクが高いため、通販という形で売られていることが一般的です。地方に住んでいてシークレットシューズを買いたくても店頭に売ってないよ、売っている店が遠すぎるという方にも安心です。ネット環境さえあればどこからでも購入できますからね。しかし、実際に見て買わない分心配な面もあるかもしれません。

シークレットシューズを通販で買う際に気を付けたいこと

通販で物を買う際に共通して言えることですが買ってみてイメージと違ったという場合や、実際に履いてみたら自分の足に合わないといったケースは多くあると思います。通販なのである程度は仕方ありませんが可能であれば自分の体にジャストフィットするものを買いたいですよね。

そんな方に通販でシークレットシューズを買う際に気を付けたい点をご紹介します。単純ですが自分の足に合うかどうかが通販サイトの情報から判断できるかどうかという点とアフターケアがしっかりされているかどうかという点の2点が大きく挙げられます。 最初から自分の足に完全に合うように買えば問題ありませんもんね。なので、サイト内に靴を選ぶポイントであったり、商品詳細ページにどういった足の形の人にフィットしやすいか、購入者の声なんかが豊富に掲載されているサイトをお勧めします。そういった情報が乏しいと選ぶのに苦戦してしまい結局買ったはいいが足のサイズに合わなかったという事態に陥ってしまいます。なので情報は豊富に用意されているサイトを選びましょう。

また、どうしても通販である以上は買った後にやっぱり足に合わなかったということはあり得ます。そんなときにしっかりと対応してくれるサイトを選びましょう。返品不可等のサイトでは安心して購入することができませんよね。

返品を断られるケースとして一度でも外で履いてしまった売位は返品できないといったケースは多いです。なので試し履きをする際はまずは家の中で履くようにしましょう。

シークレットシューズを選ぶコツとは

シークレットシューズを選ぶコツとは

シークレットシューズ 背が高くなる靴 選び方

季節を意識してシューズと体のバランスで選ぶ

シークレットシューズを選ぶにあたって第一に気になるポイントは、「周りの人にばれないかどうか」だと思います。

季節が冬だったら、コートや長いパンツなど、全体的に重めな感じになるので、よくあるブーツタイプのシークレットシューズなどでも違和感なく履きこなすことができます。

しかし、春から夏になるにつれて、着ている衣服も薄着になってきて足元も目立つようになるので隠すのは難しくなってきてしまいます。 また、夏になるとどうしても薄着になってしまい、その状態で冬用に買ったシークレットシューズを履いてしまうと、体と足元のバランスがおかしくなってしまい、違和感のある見た目になってしまいます。ですので夏には、ブーツタイプのものではなく、デッキシューズのように軽い見た目のシークレットシューズを選ぶことをおすすめします。そうすることで他人にばれてしまう可能性は少なくなるでしょう。

このようにシークレットシューズを選ぶ際には、「足元」に意識が持っていかれがちですが、それだけではなく、身体全体でチェックすることがとても大切なのです。季節ごとの体全身のコーディネートの中での、足元のバランスを意識したシューズ選びをしましょう。

大きな隙間が足先にできないようなものを選ぶ

基本的にシークレットシューズは、インソールが滑り台のようになっているため、つま先からかかとに向かうにつれてどんどん高くなっていく構造になっています。したがって、サイズの大きいシークレットシューズを購入してしまうと、つま先に隙間ができてしまうことになります。そうしてしまうと、歩いた時に靴の中でつま先に向かって足が滑り、摩擦で歩きづらいだけでなく靴擦れを起こしてしまう要因にもなります。

さらに下り坂を歩いているときなどは、とても苦しい思いをしてしまうことになるでしょう。摩擦で足の裏はとても熱くなってしまいますし、足裏に豆ができてまともに歩けなくなってしまったりなど、日常生活に支障をきたすこともあります。普通に歩いているだけでもすぐに足の裏が痛くなってしまうことがありえるので、つま先に大きな隙間ができないように自分の足にフィットしたシークレットシューズをちゃんと選ぶようにしましょう。

いたずらに高さを求めすぎない

「普段より身長を高く見せたい」という理由で開発されているシークレットシューズなのにもかかわらず高さを求めすぎないというのは少し違和感を感じるかもしれません。

しかし、シークレットシューズを選ぶなら、特に初めて履く方でシークレットシューズに慣れていない方は慣れるまでは最大でも7cm位までを目安に選ぶようにしましょう。というのも、10cmを超えてくるような、女性でもなかなか履けない高さの靴ですと、普通に歩くことすら困難になってしまう可能性もあるのです。歩き方がぎこちないと周りの人にも怪しまれてしまいますよね。

私の周りで以前、10cm以上のとてもかかとの高いシークレットシューズを履いていた人がいたのですが1年ほど毎日シークレットシューズを履いていてそれだけ履いて歩いていても、結局うまく歩くことはできなかったそうです。逆に、ごまかそうと必死になってしまい余計に違和感のある歩き方になり、周りから怪しまれたり足が痛くて仕方がないといったこともあったようです。

このように、高すぎるシークレットシューズはとても歩きにくいことが予想されるため、慣れていない方は少しだけ高さのあるシューズから選ぶようにしたほうが無難です。

無理して高さを求めるというよりは、歩行に違和感のないような高さのシークレットシューズを選ぶことが、結局はばれづらく、身長アップにもつながるのです。

シークレットシューズは専門店で選ぼう!

シークレットシューズは専門店で選ぼう!

シークレットシューズ 背が高くなる靴 専門店

シークレットシューズとは

シークレットシューズという言葉を皆さんはご存知でしょうか。一昔前はあまり馴染みのない言葉だったかもしれませんが今では誰もが一度は聞いたことのあるものになっているのではないかと思います。

シークレットシューズとは「履くことで身長が高く見えるシューズ」のことです。厳密な定義はもしかしたら若干異なるかもしれませんが概ねこの認識で間違い無いと思います。 シューズの構造が女性のヒールのように、つま先からかかとに行くにつれて底が高くなっていく構造になっていてなおかつ周りからはそういう構造であることがわかりにくい構造になっています。こういった特殊な構造になっているためその名の通り、身長を高く見せることが出来る一方でそれが周りにはバレない、という靴がシークレットシューズなのです。基本的に身長が低い人が高く見せたい時に用いるケースが多いですが最近では結婚式用に履く人がいたり、商談の際などビジネスでも用いられることが増えてきています。以前よりは一般的に広く知られているのでは無いでしょうか。

シークレットシューズを買うなら専門店で!

シークレットシューズは店頭で買う方法とネット通販で買う方法の2種類があります。しかし、店頭で売っている店舗数は非常に少ないためどうしても通販サイトでの購入がメインになってくるかと思います。その際に気をつけたいことがシークレットシューズの専門店で買う、という点です。当たり前のように聞こえるかもしれませんが一般の製靴店がその延長線上としてシークレットシューズを売っているというケースも実はあるのです。 シークレットシューズは通常のシューズとは大きく異なった構造になっているため製作するにも特殊な技術が必要になります。単純に身長を高く見せたいだけであればただ単に底が厚いシークレットシューズを買えばいいことになりますがシークレットシューズの特性として他人にそれだと分かりにくい、という特徴が必須になってきます。そしてそこにこそ各店の差が現れるのです。

一口に底を厚くすると言っても様々な技術がありシークレットシューズを専門に扱っているショップの方がそこの技術は優れていると言えましょう。 また、シークレットシューズといえばブーツタイプが一般的ですが今ではスニーカータイプであったり色々なタイプのシューズがあります。中にはとてもおしゃれなものでシークレットシューズであることを除いても履きたくなるようなおしゃれなシューズもたくさんあります。

専門店の方が種類も豊富という点においても一般のショップよりも専門店を選ぶ理由の1つになるのでは無いでしょうか。

シークレットシューズ専門店の選び方

シークレットシューズの専門店といえどいくつかあってどのショップがいいか悩む方もいるかと思います。そんな方にシークレットシューズの専門店を選ぶ際のポイントをいくつかご紹介します。

1つは種類の豊富さです。先ほどもお伝えいたしましたが昨今のシークレットシューズはとても豊富な種類があります。どうせシークレットシューズを買うのであれば身長を高く見せつつおしゃれにも見せたいですよね。そんな時に種類が少ないとちょっとなーと思ってしまうかもしれません。どれにしよう悩むぐらい豊富な種類があるショップがオススメです。

次にお客様の声などの口コミ・レビューが豊富かどうかです。これは個人によるかもしれないのですがネットである程度高価なものを購入する際は口コミを参考にしませんか?いくら返品ができるとはいえ可能な限り事前に情報を集めたいと思うと思います。そんな中、サイト上の商品詳細だけでなくお客様の声などの実際のユーザーの評価はとても参考になると思います。それが乏しいとあんまり評価されていないのかな、とか不安になってしまうかもしれませんよね。口コミは多いに越したことがないと思います。

最後は返品が可能かどうかです。ショップによっては完全受注生産を行なっていて返品が不可なショップもあるみたいです。シューズという商品の特性上どうしても履いてみて合わないということは往往にしてあるかと思います。そんな時に返品ができないと困ってしまいますよね。ですのでしっかりと返品ができるショップがオススメです。

上記のポイントを押さえたシークレットシューズ専門店を選ぶようにすると失敗しないシークレットシューズ選びが可能になるかと思います。

シークレットシューズの手入れで気を付けたいこと

シークレットシューズの手入れで気を付けたいこと

シークレットシューズ 背が高くなる靴のお手入れ方法

履く前に必ず防水スプレーを!

シークレットシューズを購入した皆さんは身長が高くなった視界を満喫したいという気持ちがあるためすぐに履いて外に出てしまうことがあるかもしれません。

しかし、家を出る前に少しだけ待ってください。購入した状態のシューズは当然新品ですのでピカピカだと思います。この状態を少しでも長くキープするには履く前にひと手間加えることがとても重要になってくるのです。それが防水スプレーです。

外で雨が降っていなかったら防水スプレーって効果ないよね?と思うかもしれません。しかし、防水スプレーには実は防水効果以外にホコリや汚れ等の付着物を防ぐ効果もあるのです。汚れが付くこと自体を防ぐことが可能になるので新品のシューズは履く前に必ず防水スプレーを使うことを徹底しましょう。

ここで一つ気を付けてほしいのがスプレーはシューズの種類によっていろいろあるということです。シューズの素材によって専用のスプレーを用いるようにしましょう。

シューズを履いた後はブラッシング!

皆さん履き終わったシューズっていつもは脱いだらそのままですよね?私も通常のスニーカーであれば汚れが気になるまでメンテナンスは行いません。しかし、本革製のシークレットシューズにはお手入れが必要です。

シークレットシューズに限らず本革製の靴全般に言えるのですが履き終わった後はブラッシングをすることを習慣づけましょう。というのも日常生活で靴に付着する汚れというのは皆さんが想像しているよりもずっと多いのです。ちょっとコンビニ行っただけとかで5分ぐらい履いただけでも靴は基本的に常に地面に接しているので常に汚れがついてしまう状態になってしまうのです。一度、靴を脱いだ後によく見てみてください。シューズの模様の境目だったり筋に汚れがたまっていませんか?一回履いただけでもそういったところに汚れはたまってしまうものです。汚れは一度たまってしまうとなかなか落とすことができず、靴の寿命を縮めてしまいます。ですので一度履いた後は必ずブラッシングをするということを癖づけましょう。

面倒に思うかもしれませんが1,2分毎回お手入れするだけで靴の寿命が延びると思えばお安い御用ですよね。

保管にも気を付けよう!

こちらも何もシークレットシューズに限った話ではないのですが高価なシューズは保管にも気を付けたいところです。普通の靴であれば玄関にそのまま置きっぱなしにしているかと思います。そのままでも問題がないと言えばないのですがより長く使用したいのであればきちんとした保管方法で保管することを強くお勧めします。

きちんとした保管方法とは「カビを避けるために高温多湿な場所は避ける」、「直射日光を避ける」、「たまに陰干しをする」の3点です。カビや直射日光は靴の寿命を短くしてしまう大きな原因になります。可能な限りそれらを避けて保管しましょう。

また時々陰干しすることも非常に大切です。風通しのいい場所で陰干しを月に一度でいいので行うことでより靴の寿命を長くすることが可能になります。

このようにシークレットシューズを少しでも長く履くためにも、「防水スプレーを使う」、「ブラッシングを毎回行う」、「保管方法に気を付ける」これら3つを意識しましょう。これらが徹底されればかなり長い間一つのシューズを使っていけると思います。

結婚式でシークレットシューズを履いてかっこよく決めよう!

結婚式でシークレットシューズを履いてかっこよく決めよう!

結婚式でシークレットシューズ

結婚式でシークレットシューズ?

シークレットシューズを履きたくなるケースってどういった場合が考えられますか?デートの時?仕事?そういったケースも多いかと思いますが最近増えてきているのが結婚式の時にシークレットシューズを履くといったケースです。

結婚式と言えば一世一代の大舞台なので新郎も新婦もおしゃれにかっこよく見せたいと思いますよね。おしゃれに見せようとするとどうしても身長が低い人は困ってしまうかと思います。新婦はヒールの高い靴を履けばどうとでもなりますが新郎がヒール付きのシューズを履くわけにはいきませんよね?普段から身長が高い方は気にする必要はないかもしれませんが身長が高いほど似合うタキシードも多くなってきます。そんな際に身長を高く見せたい新郎におすすめなのがシークレットシューズです。

シークレットシューズとは皆さんご存知かもしれませんが身長を高くすることができる、なおかつ周りの人には高くするための靴を履いていることがばれにくい設計になっている靴なのです。身長を高く見せるのはいいですが周りから見てバレバレでは格好がつきませんもんね。

シークレットシューズを履いておしゃれにタキシードを着こなそう

シークレットシューズを履いて背を高く見せることが可能になったらタキシードもシュッとしたおしゃれなものを選ぶようにしましょう。せっかく身長が高く見えるのですからタキシードもちょっと背伸びをしたものを着てみたいですよね。シークレットシューズを履いて足が長く見えるのでいつもより股下の長いタキシードを選ぶようにしましょう。履いてみた感じとして少し違和感を感じるかもしれませんが周りからは足も長く見えているため違和感はないと思います。一世一代の舞台なので新婦だけでなく新郎の方もおしゃれに決めちゃいましょう。

事前に履く練習も大切!

結婚式にシークレットシューズを履く場合ですが普段から履き慣れている方であれば特段問題はないと思います。しかしシークレットシューズを履いたことがなく、結婚式の場で初めて履くといった方は事前の試し履きをおすすめいたします。

シークレットシューズは背を高く見せる一方で、つま先からかかとにかけて高くなっていく構造になっているため、女性がヒールを履くようにどうしてもつま先立ち気味になってしまいます。男性はかかとの高い靴に慣れていない人が多いため初めてシークレットシューズを履く方はどうしても違和感を感じてしまうことが往々にしてあるかと思います。

せっかく身長が高く見えても歩き方や立ち方に違和感があれば周りの人から見てシークレットシューズを履いているのがばれてしまいますよね。そうなってしまわないように初めて履く方はしっかりと事前に履いて歩く練習をしておきましょう。1週間ほどでもシークレットシューズを履いて生活をすれば、すぐに慣れると思います。

また、女性でもヒールの高い靴を履くことで、背筋が伸び、姿勢が良く見える方が多いかと思います。男性でもシークレットシューズを履くことで、猫背がなおり、姿勢が良くなりましたという声も多く聞きます。 自分が主役になれる結婚式ですからシークレットシューズを履いて背筋を伸ばし、ばっちり決めちゃいましょう。

ビジネスシーンでシークレットシューズを履こう

ビジネスシーンでシークレットシューズを履こう

ビジネス用シークレットシューズ

ビジネスの際にシークレットシューズを履く人が増えている?

最近、ビジネスの際にシークレットシューズを履く人が増えてきているのをご存知でしょうか。

シークレットシューズというのは皆さんご存知かと思いますが身長を高く見せるためのシューズです。用途としてはかっこよく見せたいという目的が多く、デートや結婚式なんかの際に用いられるケースが一般的かと思います。

しかし最近ではビジネスのシーンでもシークレットシューズを履く人が増えているというのです。

いったいどういった目的があるのでしょうか。 それは身長を高く見せることで威厳であったり相手に舐められないために履くケースが多いのだそうです。商談の際なんかにこちらが相手よりも幾分か年下で相手が経営層の方だったりご年配の方だと容姿だけで舐められてしまうケースがあったりしませんか?特に新人のうちなんかは見た目だけで判断されてしまいがちです。そういった際に身長だけでも商談相手より大きく見せることができれば相手がどう思うかは置いておいて自分の中で少しだけでも自信につながるのではないでしょうか。そういったケースにおいてシークレットシューズがビジネス上においても用いられているケースが増えているのだそうです。

サラリーマンだけではない?

前述のとおりシークレットシューズがビジネスで用いられることが多くなってきていると書きましたがそのシーンは商談のみではないようです。というのもドクターや弁護士さんなどの士業の方の中でも用いられるケースが多いのだそうです。

ドクターや士業の方々は場面に応じて威厳が必要になってくるケースがあります。年齢的には高齢の方が多い職業ですので威厳はあると思うのですが身長が低いケースなんかは少し威厳が薄れてしまうこともあります。そういったケースにおいてシークレットシューズを履くことで身長を高く見せ、威厳も出すようにしている方が多いのだそうです。

確かに同じ見た目であれば身長が低い人よりも高い人のほうが威厳があると感じるのも無理はないかもしれませんね。相手を威圧することが常にいいとは限りませんが威厳があるように見せるのはそういった職業の方には大事なのかもしれません。

シークレットシューズは通販で買うのがおすすめ!

ビジネスでの利用に限った話ではないのですがシークレットシューズを履くうえで一番皆さんが気にされるのが、周りにばれていないかどうかだと思います。せっかく普段より身長を高く見せることができてもその秘密が周りに見透かされてしまっては効果も半減してしまいますよね。

しかし、最近のシークレットシューズは精巧につくられていることが多く、一見しただけではシークレットシューズだとわからない作りになっているケースが多いです。なのでシークレットシューズは一度手に入れてしまえばあまりばれることは少ないと言えるでしょう。脱いだ際にもばれにくい加工なんかも最近は増えているそうです。

しかし、購入する姿を誰かに見られていたらどうでしょう。いくら履いている段階で周りにばれていないと言っても、購入するところを見られていればあの人はシークレットシューズを使っているんだというのが明らかになってしまいます。そうなってしまうとシークレットの意味がなくなってしまいますよね。そんな際でも通販なら安心です。ネットで購入が完結するので買う際を誰かに知られる心配もありません。なので心置きなく購入することができますね。

ページトップへ