シークレットシューズを履くことで、相手の印象は変わるのか

自信に繋がるシークレットシューズとは

シークレットインソール インヒール シークレットシューズ 背が高くなる靴

自信に繋がるのか、シークレットシューズの構造について

シークレットシューズは、周囲からは知られずに身長が高く見えるタイプの靴です。中にインソールが入っており、それが靴を底上げしている仕組みです。ヒールがある靴だと、その高さも加わりますからさらに身長が高く見えやすくなります。そのため、自信がつきやすいアイテムとして人気があります。

一方土足で入れない場所ではシークレットシューズを脱ぐようになり、それに伴って他人に知られることが懸念されます。靴の中にインソールを入れただけだと、地面と平行で平らな靴底となりますが、視覚効果を利用したシークレットブーツも増えています。相手からは、インソールの高さより低い位置に見えるためじっくり見ないと分かりにくい構造です。靴の脱ぎ履きが多い人にとても人気となっています。

シークレットブーツを選ぶ際に注意したいのは高さです。インソールが10cm以上のものになると、靴の見た目には分からなくても相手には気づかれやすくなります。初対面なら当然分かりませんが、関わりを持ち続けると気付かれてしまうこともあります。実際に履いてみると思った以上に高く感じます。爪先から踵に向かって高くなっている構造なので、サイズが大きいと爪先に隙間ができてしまい、足が滑りやすくなります。また、転倒時にはダメージが大きく怪我をしやすくなり、普通に歩いていてもマメができたり、摩擦を起こしたりしやすいです。不自然な印象を持たれないため、そして生活に支障をきたしにくくするためには5僂ら7cmの高さにするのが理想的です。

自信がつきやすいシークレットシューズの選び方と購入のポイント

シークレットシューズは身長を高く見せるアイテムの一つですが、毎日使用する場合は歩きやすく、尚且つおしゃれなアイテムを選びたいところです。上手にコーディネートすることで、生活場面での自信に繋がります。その点を踏まえて選び方のポイントを紹介します。

まず、足元以外にも身体全体をイメージしたタイプのものを選ぶとコーディネートしやすく、おしゃれに見せることができます。季節に応じて選ぶことも大切です。夏の場合は全体的に薄着となります。デッキシューズやサンダルなど軽いタイプを選ぶことで、全体のバランスが整いやすくなります。冬場の場合は、衣類を重ね着したり色合いも落ち着いたものを選ぶことが多くなります。そのため、ブーツタイプを選ぶと違和感を与えないイメージとなります。ビジネスの場合は一年を通してのデザインになりやすいですが、色をいくつか揃えたり、スリッポンタイプや紐タイプなど靴のタイプを使い分けたりして楽しむ方法もあります。

自信を持ちやすくするためには、たとえ見た目の身長が高くなっても違和感なく歩ける状態にしておく必要があります。近年では、歩きやすさにも考慮したソールタイプのものが市場にも出ていますが、それでも初めて履く人には少なからず違和感を持ちます。普段の生活で使用する場合は問題なくても、ビジネスや大切なイベントに出席する目的で購入した場合には相応に慣れておくと安心です。一週間程度慣れるための時間を設けておけば、違和感なく歩ける状態となります。特に通販でシークレットシューズを購入する場合は、サイズ違いなどで交換の問題が出ることを想定しておく必要があります。

シークレットシューズを履くことで、相手の印象は変わるのか

シークレットシューズを履くことで見た目に身長が高くなるため、異性へのアピールポイントの一つになります。男性の場合、女性の視点から身長が高い人には男らしいイメージを抱きやすくなります。女性の多くは男性と比べると身長が低いため尚更です。その上、身長が高いだけで自信のある印象を与えられます。生活場面はもちろん、将来の生活においても引っ張ってもらえるイメージを持たれやすくなります。これはビジネスでも例外ではなく、取引先や職場の同僚からも信頼を得ることにも繋がります。そのため、シークレットシューズを履いて慣れておくとさまざまな場面で得することが増えますし、コンプレックスがある人にはそれを解消することもできます。

リクルート活動されている人にも、シークレットシューズを上手に履きこなすことで、一つの武器となります。面接の際には、会話のやり取りが審査に大きな影響を与えますが、外見も大きなポイントです。背が高いだけで堂々として自信を持っているように見えますし、心理学でもメラビアンの法則があります。特に採用担当者と初めて会う場合は、見た目の印象はかなり重要になってきます。ただし、違和感のあるほどあまりに身長が高すぎたりシークレットシューズに履き慣れていないと、相手に不自然な印象を与えかねませんから注意が必要です。また、継続的にシークレットブーツを履く場合はブラッシングなどで埃を落としておくことで清潔感も保たれる上、快適な使用に繋がります。

ページトップへ