シークレットシューズの通販なら革靴本舗

当店のシークレットシューズ・ビジネスシューズは北嶋製靴工業所製の完全国産紳士靴

シークレットシューズの通販なら革靴本舗
1回目のサイズ交換 往復の送料無料!代引き手数料無料!5,000円(税込)以上のお買い上げで送料無料!お電話でもご注文・ご相談いただけます。(平日のみ9:30〜12:00/13:00〜17:00) TEL:0743-52-9241

真田幸村シューズ

カートを見る
  • トップ
  • お買い物ガイド
  • Q&A
  • 返品・交換
  • お気に入りリスト
  • お問い合わせ
  • はじめてのシークレットシューズ選び
  • モニター履き比べ
  • 気軽にセレクト! イージーオーダー
  • パンフレット無料請求
2016夏季休業案内
 

革靴本舗のこだわり

気持ちのいいシークレットシューズの秘密

ラインナップは、履き心地を追求した高さだけ

ただ高さのあるだけのシューズは売りません。
毎日を楽しくするために、毎日履き続けていただきたい。

だから、履き心地を追求した5〜7cmの高さだけをラインナップしています。それ以上の高さになると足に負担がかかり過ぎるので、足の健康を考えて7cmまでの企画となっています。

足の健康を考えた高さ

足になじむ厳選本革だけを使用した、純国産シューズ

厳選された本革でのシューズ作り

革靴本舗のシューズは、すべて厳選した本革だけを使用し、裁断から仕上げまですべて日本国内の職人が手作業で作り上げています。

まずは革の状態をチェック。傷の状態などを確認後、部位によって裁断していきます。

革の伸び、ツヤ、色合い。全く同じ物はない天然皮革独特の味わいを生かして、熟練した職人が1枚1枚丁寧に型を抜きます。人間と同様、天然皮革にも血筋やあざがあります。一見しただけでは見えず、吊り込み時に引っ張られることにより出てくる血筋もありますので、細心の注意が必要になります。また、靴の部位により使う革の位置を考えての作業は、機械任せにはできない工程です。人と同じ様に一枚一枚の個性が違う革を、でき得る限り均一に仕上がるように靴の出来上がりを想像しながら進めていく重要な作業です。

全く同じ物はない天然皮革独特の味わいを生かした高級感のあるシューズは、輸入品とはまったく違う履き心地。『日本人の足を一番知っているのは日本人』という理念に基づきこだわり続けるMADE IN JAPANのヒールアップシューズは、一度履けば他のシューズを履けなくなること間違いありません。

本革の種類と特徴

牛革

牛革
最もよく使用される革です。生後どのくらいの牛の革かによってキメや大きさ、厚み等様々。型押しにより爬虫類等の革に似せることもできます。

牛革カーフスキン

牛革カーフスキン
生後6ヶ月以内の仔牛の皮をなめしたもので、キメが細かく美しく柔らかく、傷も少ないのが特徴です。牛革の中で最も上質とされ、取れる部分が非常に少ないので希少価値が高い素材です。

牛革キップスキン

牛革キップスキン
生後6ヶ月〜1年以内の牛の革で、カーフと比べると手頃でややキメは粗いのですが、その分厚みが増し丈夫な革です。カーフについで上質の素材です。

山羊革ゴード

山羊革ゴード
耐摩擦性に優れており、薄くて丈夫という優れた特性を持っています。羊の革よりも繊維組織が充実しており、銀面(表面)には細かなシボが並んでいます。

カンガルー革

カンガルー革
薄くて軽く、しなやか。カンガルーは野生で飛び跳ね、転がって生活しているので他の革と比べて革キズが多いのが実状です。しかしながら、種の保存のために年間捕獲量が制限されていることもあり、高級素材として珍重されています。

起毛革(ベロア、スエード等)

起毛革(ベロア、スエード等)
革の表面を起毛させて仕上げたもの。毛足の長い仕上がりをベロアレザー、毛足の短い仕上がりをスエードレザーと呼びます。

オーストリッチ革

オーストリッチ革
ダチョウの革で、表面にある独特の丸い突起模様が特徴。これは、もともと羽根が生えていた毛穴の跡で、オーストリッチの身体全体で約40%くらいの部位にしか強く表れません。また、オーストリッチレザーは、立体的な革構造を持ち、布のように絞っても問題ないほど、とても丈夫で柔軟性に富んだ革で馴染みやすいのが特徴です。希少価値が高く、プレス加工により他の革をオーストリッチ革に似せることもあります。

本革独自の風合いについて

革キズや色ムラ、血スジがあるのも本革であるからこそ。

人間の肌にシミやシワがあるように、天然皮革にもシミ・シワ・キズ・血スジが多数ございます。熟練した職人が1枚1枚丁寧に裁断しておりますが、どうしても合皮のように均一な表面にはなりません。本革を使用した靴は、その1つ1つが革の個性であり、革の「味」であります。

また、柔らかい革の場合、どうしてもシワになりやす傾向がございます。しかし、シワになりやすいということは、足に馴染みやすいということでもありますので、ご理解の程宜しくお願い致します。

インソールの秘密

創業から約50年、ヒールアップシューズを作りつづけて35年を越える老舗、北嶋製靴工業所。ひたむきに靴と向かい続けてきたその技術の高さと、新しいことに挑戦しつづける姿勢、匠の技術は一切の妥協を許しません。

今までのいわゆるシークレットシューズの持つ、「人に隠れて」というマイナスイメージの脱却のために打ち出されたコンセプトは、「脚長、美脚」シューズ。北嶋製靴のヒールアップシューズは、そのコンセプトのもと進化し続けています。

一般的なシークレットシューズ特有のつんのめり感や突き上げ感といった不快要因解消に徹底して向き合い、生み出されたこだわりのインソール。その履き心地は、リピーターの多さが証明しています。

7cm メンズアップシューズ用 「マジックインソール」

アップシューズを人前で脱いだときに気になるのがインソールの厚み。7cmアップに使用されているマジックインソールは、視覚効果により普通のアップシューズよりも中敷が深く見える構造。

光学的理論に基づき考え出された日米特許商品です(日米特許第2566735号)。

脱いでもばれにくいマジックインソール

また、日米特許の弾性変形ヒールを採用し、ヒールに変形軟質材を内蔵。着地時にヒール後部が圧縮されることによりかかとにかかる負担を軽減。足に優しいだけでなく、自然な姿勢も実現しました(日米特許第2020039号)。

日米特許の弾性変形ヒール

NEW 立体カーブ(5〜6cmアップ)

ニューヒールアップには、特殊合成ゴム素材を使用し、適度な弾力で足への負担を軽減。長年の経験により独自に開発された立体的なインソールは、前滑りストッパーとアーチクッションのふくらみにより足裏全体に体重を分散します(実用新案第3065354号)。

NEW 立体カーブの特徴

立体カーブ(5〜6cmアップ)

ヒールアップのインソールには、「中敷立体カーブ」を採用。履きやすさを追及した結果生まれた形であり、前につんのめる感じがなく、長時間履いていても疲れにくい設計となっております。

35年以上愛され続けている定番インソールです。

日本人の足を研究して作られたカーブがぴったりフィット